Use case

運送業の
ファクタリング

運送業で陥りやすい状況や改善策を、ご利用事例と共にご紹介いたします。

運送業のファクタリング
運送業で陥りやすい状況

運送業は、個人からの注文を受けるている一部の大手企業を除き、決まった取引先から仕事を請けているケースが多く、中小企業になると孫請け・ひ孫受けという利益の出しづらい厳しい現状です。それに加え、決まった取引先を持っていても売上は月によって大きく変動します。特に12月の年末商戦は最も忙しくなることが多く、それに伴いガソリン代の負担や従業員への残業代や賃金の高騰などで、一時的な資金不足に陥りやすく苦しい経営をしいられることがあります。

運送業で陥りやすい状況

運送業のファクタリング
一時的な資金不足には
ファクタリングがおすすめ

運送業は、燃料費・人件費の高騰、繁忙期のコスト増加、売掛先の入金サイト、高額な設備投資など、様々な理由で一時的な資金不足に陥りやすい業種です。この資金不足を改善する方法として、大口から小口まで幅広い売掛金をスピーディーに資金化できるファクタリングがおすすめです。

ファクタリングで一時的な資金不足を改善

運送業のご利用事例

ファクタリングによって問題を解決できた事例をご紹介いたします。

ケース1新たな車両購入の頭金

運送業のご利用事例 01
特定の取引先だけでは経営が苦しい

規模は小さいですが運送会社を経営しています。特定の取引先と密に連携することで利益を出すスタイルで、仕事量も安定していました。しかし、取引先からの要請が少しずつ減少し、特定の取引先だけの利益では経営が苦しくなっていきました。新規の会社との取引を獲得しなければならない状況でしたが、多くの車両は既存の取引先に使用しており新しい取引先に使えるだけの車両は残っていませんでした。

新たな車両の購入を検討

新規の取引先を獲得するために、新しい車両を購入することを決めました。購入費用を銀行からの融資で賄うつもりでしたがうまくいかず、用意した書類も審査にかかった時間も無駄になり、更に余裕のない状況に陥っていました。そんな時、ファクタリングで売掛債権を買い取ってもらえることを知りました。すぐにファクタリング会社に連絡をして自社の売掛債権を査定してもらい、提示された買取金額なら新しい車両の購入費用に充てることができると判断して契約を決めました。

新規の取引先の獲得に成功

銀行などの融資に比べ審査はスムーズで、審査終了後数日で指定の口座への入金がありました。素早い対応のおかげで新しい車両の購入もスムーズに進めることができました。今では新規の取引先も増え、経営も安定しています。車両が高額なので金銭的なリスクを少しでも減らしたいという思いが強く、売掛先が倒産しても返済の義務がないファクタリングは安心して利用することができました。

ケース2資金繰りの改善

運送業のご利用事例 02
燃料費の高騰によるダメージ

私の会社は取引先の少ない小さな運送会社です。徹底的なコストダウンにより他社よりも低価格で質の高いサービスを提供することで、取引先から高い評価をいただいていました。しかし、燃料費は年々上昇し、運送業を始めた頃と比較すると1.5倍まで高騰しました。それによる会社へのダメージは相当なものでした。低価格でサービス提供していたため、なかなか値上げに踏み切れず、ぎりぎりの経営状態が続いていました。

人件費の確保も難しい状態

そんな中、ついに人件費が確保できなくなるほど会社の資金繰りが厳しくなってきました。従業員の力がなければこの状況を切り抜けることはできないので、どうにか資金調達できる方法を探しました。その結果この資金不足を改善するためは、即日で売掛債権を売却できるファクタリングを利用することが最善だと判断しました。

計画的な利用で経営が安定

審査も簡単で入金までのスピードも早く、差し迫っていた人件費の問題もなんとかなりました。その後も売却する売掛債権の金額を減らしながら経営状態が安定するまで数回ファクタリングを利用しました。利用回数によってファクタリングの手数料が安くなる仕組みも利用しやすい要因でした。また、借入れではないので銀行からの融資の審査に影響が出る恐れがないことも大きな利点でした。

ケース3経営改善に向けた資金調達

運送業のご利用事例 03
資金繰りが重要な課題

運送業は為替の変動や燃料費の高騰などの影響が大きく左右する不安定な業種です。車両には必ず維持費がかかり削ることができないため、経営状態が悪化すると人員や給与などの人件費を削減することでどうにか切り抜けるという、厳しい判断を迫られた事が今までに何度かありました。また、海外への輸送も行なっているため、為替の変動などによりコストが安定せず、資金繰りは重要な課題でもありました。


資金繰りの手段を失い倒産目前

資金繰りは銀行からの融資がメインでしたが、一度でも赤字になると、銀行からは融資を断られるようになり、その時受けていた融資の早期返済まで求められてしまいました。資金繰り手段を失ってしまい、倒産が目前に迫って来た頃、同業者も利用しているというファクタリングの存在を知り、思い切って相談をしてみる事にしました。

キャッシュフローが改善

売掛債権を売却することでどのくらいの資金化が可能なのか、今後の経営改善に向けてどのように資金繰りを行なっていくかなど、丁寧に説明・アドバイスをしてくれました。現在ではキャッシュフローも改善し、少しずつ安定した経営状態に戻っています。

東京ファクタリング会社トムズパートナーは
様々な業種に対応しています。

CASEご利用事例

東京 建設業 ファクタリング事例大口受注を
無事に獲得できました。

新規で大きな工事を受注しましたが、外注費の手付金の支払い期日の関係で銀行などに金策に回りましたが間に合いそうになく、トムズパートナーのホームページ拝見してファクタリングを知りすぐに相談しました。初めての利用で不安もありましたが、担当の方の詳しい説明で納得して取引をすることができました。おかげさまで支払期日にも間に合うことができ工事も順調に進んでいます。

東京 医療 ファクタリング事例銀行からの調達枠を
温存できました。

病院の移転新築のために資金が必要になり銀行にも相談しましたが、移転工事中の運転資金などを含めると銀行からの融資だけでは不安があり、ファクタリングを利用することになりました。担当者の方のアドバイスでスムーズに進み、結果的に銀行からの調達枠を温存する形で資金を調達することができました。今後もトムズパートナーのファクタリングを資金調達の手段として取り入れたいと思います。

東京 介護事業 ファクタリング事例利用回数が増えると手数料が安くなる

支払いのサイクルは短く収入は遅れるという介護事業で陥りやすい状況になり、従業員への給与の支払いも苦しくなっていました。銀行からの融資もうまくいかず頭を抱えていたところファクタリングという資金調達方法があることを知りました。トムズパートナーと契約した理由は、利用回数が増えるごとに手数料が安くなるシステムと安定経営を後押ししてくれる姿勢があったからです。最終的には銀行からの融資のみで安定した経営を目指していきます。

詳しく見る>

製造業

詳しく見る>

飲食業

詳しく見る>

運送業

詳しく見る>

アパレル

ファクタリングに関するご質問・ご相談は
トムズパートナーまでご連絡ください。

FAQよくあるご質問

Q

トムズパートナーのファクタリングとは?

トムズパートナーは、他社と「費用」に大きな違いがあります。

<手数料が下りやすい>
トムズパートナーは、お客様の“資金繰り”を改善・解決することを目的としているため、取引回数が増えるたびに手数料を安くし、お客様の“資金繰り”を改善・解決するようにしています。例えば、最初は15%の手数料でも、取引するたびに15%→12%→10%→8%→5%と手数料を下げていくことで、お客様の負担を減らし、最終的にはファクタリングを利用せずに経営できる状態にすることができます。

<手数料以外の費用がかからない>
ファクタリング手数料以外の費用はいただいていないため、トータル費用を安くすることができます。他社ではファクタリング手数料以外に、諸費用として「債権譲渡登記費用、契約書印紙代、事務手続き費用、登記抹消費用、交通費」などの10万円~20万円ほどの費用がかかります。

初めてご利用される方へ →
Q

ファクタリングの手数料はいくらですか?

トムズパートナーでは、3%〜15%(売掛先情報・ご契約内容・取引回数などにより変化します。)の手数料を頂戴しております。お客様の“資金繰り”を改善・解決することを目的としているため、取引回数が増えるたびに手数料を安くし、お客様の安定経営を後押ししています。例えば、初回15%の手数料の場合、その後取引するたびに15%→12%→10%→8%→5%と手数料を下げていくことで、お客様の負担を減らし、最終的にはファクタリングを利用せずに経営できる状態にすることができます。

手数料についてもっと詳しく →
Q

担保・連帯保証人は必要ですか?

必要ありません。ファクタリングの担保・連帯保証人となる対象は「売掛債権」です。安心してご利用いただけます。

ファクタリングとは →
Q

訪問は必要ですか?

訪問していただく必要はありません。電話・メールまたは、担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。

Q

売掛先が倒産してしまった場合はどうなりますか?

トムズパートナーは返金義務のない[ノンリコース]のファクタリングです。売掛先(お取引先様)が倒産した場合でも返金する義務はありません。

ファクタリングとは →
Q

審査に必要な書類を教えてください。

下記書類が必要になります。
<法人の場合>
①売掛金証明書類(成因証書:契約書、請求書、納品書等)
②決算書、勘定明細書(直近1期)
③法人名義通帳のコピー(表紙付き3ヶ月分)
④申込者(代表者)の免許書表裏

<個人事業主の場合>
①売掛金証明書類(成因証書:契約書、請求書、納品書等)
②事業で利用されている通帳のコピー(表紙付き3ヶ月分)
④申込者(事業主)の免許書表裏

※売掛先やご契約内容によって全てが必要な場合とそうでない場合があります。

申し込み・契約の流れ →
Q

赤字決算でも利用できますか?

赤字決算でも、ご利用いただけます。「お客様」を重視して審査する銀行やローン会社とは違い、トムズパートナーは、「売掛先(お取引先様)企業様」と「商取引の内容」を重視して審査しています。まずは、一度ご相談ください。

お問い合わせ →
Q

銀行に融資を断られています、利用できますか?

銀行に融資を断られていても、ご利用いただけます。「お客様」を重視して審査する銀行や、ローン会社とは違い、トムズパートナーは、「売掛先(お取引先様)企業様」と「商取引の内容」を重視して審査しています。まずは、一度ご相談ください。

お問い合わせ →

メール・FAXは
24時間 365日受付中

CONTACTお問い合わせ

お電話でお問い合わせの方

ファクタリングに関するご質問・ご相談は、
トムズパートナーまでお気軽にご連絡ください。

ファクタリングに関するご質問・ご相談

受付時間 / 平日 10:00〜19:00

FAX. 03-6284-4886(24時間受付)

〒116-0014 東京都荒川区東日暮里
5-45-10 能美ビル 5F

無料相談・査定依頼フォーム

必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
改めて当社スタッフがご連絡いたします。

必須

任意

必須

必須

必須 無料相談 査定依頼 その他質問

任意