トムズパートナーロゴ
Factoring Service

ファクタリング手数料

手数料の相場や、なぜ変動するのかなど、ファクタリングの手数料について詳しくご説明いたします。

ファクタリング手数料
2社間ファクタリングの手数料

「2社間ファクタリング」の手数料の相場は10~25%ほどです。手数料を差し引くと、納入企業の最終的な手取りは売掛債権額の70%~90%になります。一般的には、売掛債権額が大きいほど手数料は安くなります。
また、ファクタリング会社によって、債権譲渡登記を求められる場合があります。登記を要する場合には、別途、登記費用と登録免許税が必要となります。その他にも諸費用として契約書印紙代、事務手続き費用、登記抹消費用、交通費など、10万円~20万円ほどの費用が発生します。できるだけコストを抑えたい場合は、債権譲渡登記が必要ないファクタリング業者を選ぶのもポイントです。
トムズパートナーでは、ファクタリング手数料以外の費用は基本的に発生しないため、安心してご利用いただけます。

2社間ファクタリング手数料の相場

ファクタリング手数料
3社間ファクタリングの手数料

「3社間ファクタリング」の手数料の相場は5~15%ほどです。手数料を差し引くと、納入企業の最終的な手取りは売掛債権額の80%~90%になります。3社間ファクタリングでは、債権譲渡登記費用、登録免許税以外に、債権譲渡通知の作成・公正証書の作成にかかる費用が必要になる場合があります。このため、「2社間」に比べると「3社間」は手続きに必要なコストが高くなりますが、2社間よりも、3社間の方がファクタリング会社の代金回収リスクが低くなるため、手数料を安くすることができます。納入企業の最終的な手取り額で比べると、3社間ファクタリングが上になります。

2社間ファクタリング手数料の相場

ファクタリング手数料
他社との違い

トムズパートナーでは、他社よりも高い金額で売掛金の買取りをさせていただきます。買取金額は10万円〜5,000万円までと幅広く、お客様の様々な資金調達に対応しています。審査に必要な書類も少なく、審査通過率も高いため、資金調達スピードが早いことも大きな違いです。

手数料は売掛債権の金額、売掛先の信用、契約の種類などによって変動します。一度トムズパートナーまでご相談ください。

トムズパートナーと他社の比較表

手数料が変動する理由

なぜ手数料が変動するのか?
その理由を詳しくご説明いたします。

手数料が変動する理由
手数料を決める要因

ファクタリングの手数料を決める際、「ファクタリング会社にとってどの程度リスクがあるのか」このリスクの大小が大きく影響します。リスクが生じる要因は大きく分けて6つあります。それぞれの要因によって手数料は変動します。これが手数料の表記を3%〜15%とさせていただいている理由でもあります。

手数料を決める要因

手数料が変動する理由
1. 売掛先の信用

手数料を決める最も重要な要因は「売掛先の信用」です。売掛先の信用の審査は、売掛先から売掛金を回収できなかった場合のリスク(ファクタリング会社の損失)を回避するために行います。

売掛先の信用が低い → 未回収リスクが高くなるため、手数料は高くなります。

売掛先の信用が高い → 未回収リスクが低くなるため、手数料は低くなります。

手数料が変動する理由
2. 契約の種類

2社間と3社間、どちらで契約するかによって手数料は変わります。

2社間の場合、「ファクタリング会社」と「お客様」の2社間での取引になるため、売掛先から債権譲渡の承諾を得る必要がありません。売掛先に知られない、入金までのスピードが速いなどのメリットがありますが、3社間取引に比べ売掛金の未回収リスクが高くなるため手数料は高くなります。

3社間の場合、「ファクタリング会社」と「お客様」と「売掛先」の3社間での取引になるため、売掛先から債権譲渡の承諾を得なければなりません。売掛先に知られてしまう、入金までのスピードが遅いなどのデメリットがありますが、2社間取引に比べ売掛金の未回収リスクが低くなるため手数料は低くなります。

手数料が変動する理由
3. 利用回数

ファクタリングの利用回数は、お客様との信頼関係に直結します。この信頼関係により2回目以降のご利用に対して、ファクタリング会社のリスクが軽減されるので、利用回数を重ねるごとに手数料が低くなっていきます。

トムズパートナーでは、お客様の“資金繰り”を改善・解決することを目的としています。例えば、初回15%の手数料の場合、その後取引するたびに15% →12% →10% →8% →5% と手数料を下げていくことで、お客様の負担を減らし、最終的にはファクタリングを利用せずに経営できる状態にすることができます。

手数料が変動する理由
4. 売掛金の金額

ファクタリングの契約には、売掛金の大小にかかわらず、事務手数料や手続費用など、一定の金額がかかります。そのため、小口の売掛金の手数料の割合(パーセント)は、大口の売掛金に比べ高くなります。手数料の割合を比べた場合の高低ですので、小口の売掛金の手数料が大口の売掛金の手数料より高くなるというわけではありません。

手数料が変動する理由
5. 償還請求権の有無

償還請求権とは、売掛債権をファクタリング会社に売却した後に、売掛先(取引先)が倒産した場合、ファクタリング利用会社に支払いの義務が発生するファクタリングで、「リコース型」と言います。償還請求権が無いファクタリングの場合、売掛先(取引先)が倒産した場合の支払義務はファクタリング会社に発生します。これを「ノンリコース型」と言います。ノンリコース型のファクタリングは、お客様にとって大きなメリットですが、ファクタリング会社のリスクが高くなるためファクタリング手数料は、リコース型に比べて高くなります。

トムズパートナーのファクタリングは、償還請求権の無い「ノンリコース型」のファクタリングです。

手数料が変動する理由
6. お客様との信頼関係

ファクタリングは、「売掛先(取引先)」と「商取引(売掛債権)の内容」を重視して審査をしています。銀行などの融資に比べ審査に通りやすいというメリットから、詐欺の対象になることもあります。特にお客様とファクタリング会社の2社間のみでの取引となる2社間ファクタリングでは、リスク回避のためどうしてもお客様の人となりを拝見させていただかなければなりません。

トムズパートナーは、お客様の“資金繰り”を改善・解決することを目的としています。この改善・解決とは、その場しのぎの資金調達ではなく、最終的にファクタリングを利用せずに安定した経営ができる状態にすることです。その目的を達成するためには、お客様との信頼関係が最も重要だと考えております。

手数料を安く抑える利用法

手数料を少しでも抑えるための
方法をご紹介いたします。

手数料を安く抑える利用法
3社間ファクタリングを利用する

3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングに比べて手数料が低くなります。それは、ファクタリング会社の未回収リスクが2社間取引に比べて低いことが大きな理由です。3社間ファクタリングのデメリットでもある「売掛先から債権譲渡の承諾を得なければならない」=「売掛先に知られてしまう」この条件が売掛先との関係性などを踏まえて可能な場合は、3社間ファクタリングを利用することで手数料を抑えることができます。

手数料を安く抑える利用法
利用回数を増やす

ファクタリングの利用回数は、お客様との信頼関係に直結します。この信頼関係により2回目以降のご利用に対して、ファクタリング会社のリスクが軽減されるので、手数料を低くすることができます。

トムズパートナーでは、お客様の“資金繰り”を改善・解決することを目的としています。例えば、初回15%の手数料の場合、その後取引するたびに15% →12% →10% →8% →5% と手数料を下げていくことで、お客様の負担を減らし、最終的にはファクタリングを利用せずに経営できる状態にすることができます。

手数料を安く抑える利用法
売掛先との取引関係を証明する

売掛先との良好な取引関係を証明することで、手数料を抑えることができます。良好な取引関係とは、「売掛先と長期間の取引関係にあり、その取引が問題なく行われている」などです。この事実を証明するためには、発注書や請求書、通帳の入金履歴などの書類をご提出いただく必要があります。

手数料を安く抑える利用法
リコース型のファクタリング契約

リコース型のファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に売却した後に、売掛先(取引先)が倒産した場合、売却した利用者(お客様)に支払いの義務が発生するファクタリングです。リコース型は、ファクタリング会社のリスクが低くなるため、ノンリコース型に比べてファクタリング手数料は低くなります。

トムズパートナーのファクタリングは、賠償請求権の無い「ノンリコース型」のファクタリングです。

トムズパートナーの詐欺対策

健全なファクタリング業務を行うため、
詐欺対策に力を入れています。

ファクタリング詐欺対策
二重譲渡と詐欺対策

二重譲渡とは、ファクタリング会社に売掛債権を売却して現金を受け取った後、同じ売掛債権を更に別のファクタリング会社に売却して現金を受け取る行為です。悪質な場合、3社、4社に同じ売掛債権を売却するケースもあります。

トムズパートナーでは、「債権譲渡登記」または「債権譲渡通知」をすることで二重譲渡を未然に防いでいます。債権の登記を抹消してまで二重譲渡を行う悪質な契約違反が発覚した場合、詐欺罪に問われ刑事事件として告訴される可能性もあります。

二重譲渡詐欺の仕組み

ファクタリング詐欺対策
架空債権と詐欺対策

架空債権とは、売掛金証明書類の偽造、決算書の偽造、銀行通帳の偽造など、架空の債権を作り売却することです。悪質な場合、取引先と共謀して架空債権を作り上げ、持ち込んだケースもあります。

トムズパートナーでは、信用情報をしっかりと審査することで架空債権を見抜いています。契約後に架空債権が発覚した場合は「私文書偽造罪」および「詐欺罪」など重い刑罰が科せられます。

架空債権詐欺の仕組み

ファクタリング詐欺対策
詐欺対策による効果

悪質な利用者による詐欺行為は、ファクタリング会社にとって大きな痛手になります。それだけではなく、詐欺が横行してしまうと、リスク回避のため手数料を高くするという形で対応するファクタリング会社が増えていきます。

トムズパートナーでは、ファクタリングを本当に必要としているお客様へ、安心で安全なファクタリングをご提供するため、悪質な詐欺行為に対する徹底した対策を行なっています。

詐欺対策による効果

東京ファクタリング会社トムズパートナーは
様々な業種に対応しています。

CASEご利用事例

東京 建設業 ファクタリング事例大口受注を
無事に獲得できました。

新規で大きな工事を受注しましたが、外注費の手付金の支払い期日の関係で銀行などに金策に回りましたが間に合いそうになく、トムズパートナーのホームページ拝見してファクタリングを知りすぐに相談しました。初めての利用で不安もありましたが、担当の方の詳しい説明で納得して取引をすることができました。おかげさまで支払期日にも間に合うことができ工事も順調に進んでいます。

東京 医療 ファクタリング事例銀行からの調達枠を
温存できました。

病院の移転新築のために資金が必要になり銀行にも相談しましたが、移転工事中の運転資金などを含めると銀行からの融資だけでは不安があり、ファクタリングを利用することになりました。担当者の方のアドバイスでスムーズに進み、結果的に銀行からの調達枠を温存する形で資金を調達することができました。今後もトムズパートナーのファクタリングを資金調達の手段として取り入れたいと思います。

東京 介護事業 ファクタリング事例利用回数が増えると手数料が安くなる

支払いのサイクルは短く収入は遅れるという介護事業で陥りやすい状況になり、従業員への給与の支払いも苦しくなっていました。銀行からの融資もうまくいかず頭を抱えていたところファクタリングという資金調達方法があることを知りました。トムズパートナーと契約した理由は、利用回数が増えるごとに手数料が安くなるシステムと安定経営を後押ししてくれる姿勢があったからです。最終的には銀行からの融資のみで安定した経営を目指していきます。

詳しく見る>

製造業

詳しく見る>

飲食業

詳しく見る>

運送業

詳しく見る>

アパレル

ファクタリングに関するご質問・ご相談は
トムズパートナーまでご連絡ください。

FAQよくあるご質問

Q

ファクタリング手数料はいくらですか?

トムズパートナーでは、3%〜15%(売掛先情報・ご契約内容・取引回数などにより変化します。)の手数料を頂戴しております。お客様の“資金繰り”を改善・解決することを目的としているため、取引回数が増えるたびに手数料を安くし、お客様の安定経営を後押ししています。例えば、初回15%の手数料の場合、その後取引するたびに15%→12%→10%→8%→5%と手数料を下げていくことで、お客様の負担を減らし、最終的にはファクタリングを利用せずに経営できる状態にすることができます。

お問い合わせ →
Q

手数料以外の費用はありますか?

トムズパートナーは、ファクタリング手数料以外の費用をいただいておりません。一般的なファクタリング会社は、ファクタリング手数料以外に、諸費用として「債権譲渡登記費用、契約書印紙代、事務手続き費用、登記抹消費用、交通費など」10万円~20万円ほどの費用が発生します。

申し込み・契約の流れ →
Q

手数料はどうしたら下がりますか?

手数料はお取引先様(売掛先)の“信頼度”または、取引させていただいた回数によって変化します。よって、手数料は業種・契約内容によって3%~15%と様々です。トムズパートナーでは、無料のスピード査定を行なっておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ →
Q

いくらまで資金調達できますか?

基本は、10万円~5,000万円までお取扱いさせていただいております。
※お取引先様(売掛先)の規模・契約内容・取引回数などにより、上記金額以外でお取扱いする場合がありますので、一度ご相談ください。

お問い合わせ →
Q

銀行融資・ローンと何が違いますか?

「借りる」・「売る」の違いです。銀行融資やローンは融資会社から「お金を借りる」ファクタリングはファクタリング会社に「売掛金を売る」という違いがあります。これにより、銀行融資・ローンに比べ審査が簡単・調達スピードが早い・返済義務が無いなどの違いがあります。ファクタリング会社は売掛金を「買い取る」ため、お客様よりもお取引先様(売掛先)を重視して審査しています。よって、銀行などで借りることができなくても審査が通るケースが多いのが特徴です。

ファクタリングとは →
Q

無料で審査してもらえますか?

無料のスピード審査を行なっております。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ →

メール・FAXは
24時間 365日受付中

CONTACTお問い合わせ

お電話でお問い合わせの方

ファクタリングに関するご質問・ご相談は、
トムズパートナーまでお気軽にご連絡ください。

ファクタリングに関するご質問・ご相談

受付時間 / 平日 10:00〜19:00

FAX. 03-6284-4886(24時間受付)

〒116-0014 東京都荒川区東日暮里
5-45-10 能美ビル 5F

無料相談・査定依頼フォーム

必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
改めて当社スタッフがご連絡いたします。

必須

任意

必須

必須

必須 無料相談 査定依頼 その他質問

任意