トムズパートナーロゴ
Toms column

さまざまな業界で活用する
経営者が増えているファクタリング

1. ファクタリングの活用は様々な業種業界に広がりつつある

ファクタリング活用
様々業種業界りつつある

会社にもいろいろな業種があると思いますが、ほとんどの業種には、事業活動を行うことによってあげた売上は、売掛金という「後払い」になるのが通常の商慣習です。売掛金は期日が来るまでは現金ではありませんから、ほかの支払いにあてたりすることができません。なんらかの事情によって経営のサイクルが乱れてしまい、支払いを行わなければならないタイミングと、売掛金が現金化されるタイミングがずれてしまうと、資金繰りが悪化してしまうことになります。至急に資金を調達しなければならくなる危機的な局面を多くの経営者が経験しています。
そんなときに有効なのがファクタリングです。ファクタリングを活用すれば、その売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、期日前に売掛金を現金化できます。
ファクタリングのメリットや、その利用方法については、以下の記事で詳しく解説しております。あわせてお読みになることをお勧めします。

ファクタリングは、売掛金さえあれば活用できます。会社経営者はもちろん、フリーランスでお仕事をされている個人事業主の方でもご活用いけます。私たちトムズパートナーには、全国から経営者の皆さんがご相談くださっていますが、その業種は様々であり、ファクタリングの認知度が上がり、活用が広がっていることを実感しています。
自分が属する業界でもファクタリングを活用している会社があるのかな?と思われる方のために、具体的にどんな業種でファクタリングがご活用されているのか、ご紹介したいと思います。

2. 製造業で進むファクタリング活用

製造業
ファクタリング活用

まず日本の代表的な産業である製造業について見てみましょう。
製造業は材料費、人件費、光熱費など多額の経費がかかります。取引先によって入金サイトが長かったりする場合は資金不足に陥りやすい業種であると言えます。設備投資などを行うためにすでに銀行から融資を受けている会社も多いので、追加融資はハードルが高く、資金調達が難しいケースがあります。
ファクタリングを活用すれば、金融機関からの融資に頼らずに資金を調達できます。
ファクタリングは融資とは異なり、審査の重点は利用企業の経営状況にはありません。あくまでも売掛金そのもの(売掛先企業を含む)の審査に重点が置かれますので、そういう意味でもは資金調達がしやすい方法であるということが言えます。
製造業のお客様の具体的なファクタリング活用事例をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

3. 建設業で進むファクタリング活用

建設業
ファクタリング活用

まず、ファクタリングをよくご活用になる業界としては、建設業があげられます。
これには建設業界独特の理由があります。
建設業の特徴は納期が長いということです。また1件あたりの売上金額も大きくなります。ただし現金売上ではなく、高額な売掛金が発生することになります。このため、資金繰りの必要性が生じた場合、ファクタリングを活用することによって得られる現金も大きくなりますので、手数料を差し引いても、手元に十分な額の現金が残ることになります。
建設業界は、元請け会社からの一次下請け会社があり、さらにその下の下請け会社(孫請け会社)があり、また更にさらに、下請け会社(ひ孫請け会社)があり…というように、下請けの構造が定着していますから、支払われる売掛金も、上流から末端に届くまでにタイムラグが生じます。下の階層の下請け会社になるほど、支払日までの期間が長くなるわけです。
建設業界そのものはオリンピック需要もあり、駅などの公共施設などのインフラ整備が急ピッチで進められるなど活況を呈しています。公共工事なら、上流の支払い者は国や地方公共団体ですので、売掛債権としては非常にリスクの低いものであると言えますから、ファクタリングの審査も非常にスムーズに進みますし、ファクタリング手数料も割安になることを期待できます。
建設業のお客様の具体的なファクタリング活用事例をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

4. 運送業で進むファクタリング活用

運送業
ファクタリング活用

わたしたちにとって身近な運送業界では、ファクタリングはどのように活用されているでしょうか。
この業界は慢性的な人手不足に悩んでいます。ご存じの通り、誰もがネット通販を利用するようになり、拡大の一途をたどっています。その影響で、大手宅配業者のドライバーの方々が過酷な労働状況になっている、ということがニュースで報じられているのをご覧になったこともあると思います。人手不足のためにドライバーの人件費を下げることができず、むしろ待遇をよくしなければ優秀なドライバーほど競合他社に移ってしまいます。さらに車両の維持費やガソリン代などの経費が経営を圧迫することも珍しくありません。
運送業界は参入しやすく、競争が激しい業界でもあります。少しでも有利に競争に打ち勝つために、運送料を競合他社より少しでも安く設定し、仕事を取ってこなければ、たちまち淘汰されてしまう可能性があります。これは大手にとっても同じでしょう。
こういった状況の中で、資金繰りに悩まされている状況が常態化している中小の運送会社も多く、ファクタリングご活用の相談を受ける機会が増えています。
運送業のお客様の具体的なファクタリング活用事例をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

5. 医療業で進むファクタリング活用

医療業
ファクタリング活用

医療業界の資金繰り状況はどうでしょうか。
この業界は、健康保険に基づく診療報酬が大きな売り上げになっています。患者を診察することによって発生する診察料は、患者の窓口負担が3割ですから、残りは保険で支払われることになります。その保険分が支払われるのは、じつは約2カ月も先なのです。つまり、診察料という債権の支払期日が2カ月後ということです。
一方で、医療機関の運営維持費用はかなりかかります。看護師などの専門的人材にかかる人件費もありますし、診療には不可欠な医療機器そのものが非常に高額だからです。このため、資金繰りに苦労している医療機関は少なくありません。一方で、診療報酬という売掛債権の売掛先は国ということになりますので、債権としての信用度は非常に高いものがあります。確実に現金化できる債権として、審査が早く手数料の割引も期待できるために、ファクタリングに向いている業種であるといえます。
医療業のお客様の具体的なファクタリング活用事例をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

6. アパレル業で進むファクタリング活用

アパレル業
ファクタリング活用

アパレル業でもファクタリングは活用されています。
原材料を仕入れてから加工までを行う衣料品メーカーなどでは、商品を制作してから実際に販売を開始するまで長い時間をかけています。一方、売上のほとんどは月末締めの売掛金として計上されており、入金サイトは1ヶ月、長い場合は2~3ヶ月になることも珍しくありません。流行などは待ったなしですから、その間にも新たに販売する商品を制作する必要があるので、そのための資金が必要になります。
流行によって、手がけたブランドが成功することもあります。その場合、売上が急に伸びることになりますが、その売上が現金化するまでに時間がかかるために、増産などのための資金調達ができないということもあるわけです。
こうしたことから、アパレル業界もまた資金不足に陥りやすい業界であるということが言えます。大口案件の受注、事業拡大といったせっかくのビジネスチャンスが訪れたとき、資金繰りがうまくいかないと断念しなければならなくなります。
新しい流行が起これば、1日でも早く対応しなければ流行遅れになってしまいます。在庫があるからといって仕入れをしないわけにもいかないのです。
このため、スピーディに資金を調達できるファクタリングの活用が非常に有効なのです。
アパレル業のお客様の具体的なファクタリング活用事例をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

7. 介護業で進むファクタリング活用

介護業
ファクタリング活用

介護業に大きく関係するのは介護保険制度です。
介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)にレセプト請求をしてから介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月もかかるのです。
一方、その間にも事業所の家賃やスタッフの人件費などは支払わなければなりません。介護業もまだ人手が不足している業界ですから、人員を募集するための広告費などもかさみます。専門的な器具なども非常に高額であり、メンテナンスも必要になります。開業時に投入した資金を回収するためにはスピーディに施設を充実させたり、事業所を拡大していく必要がありますが、そういったことから、資金不足に陥りやすいという特徴があります。
私たちトムズパートナーでは、「介護報酬ファクタリング」というサービスを提供しています。このサービスを活用すれば、介護報酬を約40日程度早く受け取ることができます。ファクタリングは連帯保証人や担保なども不要であり、負債にもなりませんので、安心・安全に資金を調達できます。

8. 飲食業で進むファクタリング活用

飲食業
ファクタリング活用

飲食業界は、今までは現金商売、日銭商売であり、人気店になり売上さえあげれば資金が詰まることはあまり考えられませんでしたが、ご存じの通り、近年ではキャッシュレス化が進んでおります。多くの利用客がクレジットカードなどでの支払うようになっています。客単価の高い店舗ではクレジットカード決済のほうが多いということもあります。クレジットカード決済の売上もまた売掛債権の一種ということになります。
かりに売上の7割がクレジットカード決済だとすると、月の売上が100万円あっても、手元にある現金は30万円しかないことになります。日々の食材費や人件費、家賃などの諸経費を支払うにはとてもキャッシュが足りません。資金不足に陥る飲食店はじつに多いのです。
介護業のお客様の具体的なファクタリング活用事例をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。


ファクタリングに関するご質問・ご相談は
トムズパートナーまでご連絡ください。

FAQよくあるご質問

Q

トムズパートナーのファクタリングとは?

トムズパートナーは、他社と「費用」に大きな違いがあります。
<手数料が下りやすい>
トムズパートナーは、お客様の“資金繰り”を改善・解決することを目的としているため、取引回数が増えるたびに手数料を安くし、お客様の“資金繰り”を改善・解決するようにしています。例えば、最初は15%の手数料でも、取引するたびに15%→12%→10%→8%→5%と手数料を下げていくことで、お客様の負担を減らし、最終的にはファクタリングを利用せずに経営できる状態にすることができます。
<手数料以外の費用がかからない>
ファクタリング手数料以外の費用はいただいていないため、トータル費用を安くすることができます。他社ではファクタリング手数料以外に、諸費用として「債権譲渡登記費用、契約書印紙代、事務手続き費用、登記抹消費用、交通費」などの10万円~20万円ほどの費用がかかります。

初めてご利用される方へ →
Q

お会いして相談できますか?

お会いしてご相談することができます。担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。まずは、一度ご相談ください。

お問い合わせ →
Q

訪問は必要ですか?

訪問していただく必要はありません。電話・メールまたは、担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。

申し込み・手続きの流れ →
Q

東京以外でも利用できますか?

遠方の方でもご利用いただくことができます。お気軽に、ご相談ください

お問い合わせ →
Q

電話とメールで利用できますか?

お電話・メールでご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ →
Q

検討段階ですが色々相談できますか?

現在のお客様の状況やお悩みなどをお聞かせいただければ担当スタッフが最適なアドバイスをさせていただきます。ご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ →
Q

取引先に知られませんか?

2社間ファクタリングの場合、お取引先に知られることなく、安心してご利用いただけます。また、お取引先に連絡・通知する必要もございません。

ファクタリングとは →
Q

プライバシーは守られますか?

ご安心ください。トムズパートナーは、プライバシーポリシーに基づき、お客様からお預かりする情報を厳重に管理しています。

プライバシーポリシー →
Q

どのような企業が利用していますか?

全国幅広い業種の中小企業様・中堅企業様・起業1年以内のベンチャー企業様・個人事業主様にご利用いただいております。

Q

売掛先が倒産したらどうすれば良いですか?

トムズパートナーは返金義務のない[ノンリコース]のファクタリングです。売掛先(お取引先様)が倒産した場合でも返金する義務はありません。

メール・FAXは
24時間 365日受付中

CONTACTお問い合わせ

お電話でお問い合わせの方

ファクタリングに関するご質問・ご相談は、
トムズパートナーまでお気軽にご連絡ください。

ファクタリングに関するご質問・ご相談

受付時間 / 平日 10:00〜19:00

FAX. 03-6284-4886(24時間受付)

〒116-0014 東京都荒川区東日暮里
5-45-10 能美ビル 5F

無料相談・査定依頼フォーム

必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
改めて当社スタッフがご連絡いたします。

必須

任意

必須

必須

必須 無料相談 査定依頼 その他質問

任意