トムズパートナーロゴ
Toms column

買掛金支払いに有効なファクタリングと
具体的な仕訳方法

事業を推進していくためには、自社だけでなく、他企業との取引が必要になります。
たとえば商品を製造するためには材料を仕入れる必要があります。その仕入れ代金は、買掛金という会社の債務となります。買掛金の支払いは、企業における代表的、かつ重要な支出項目のひとつであるといえます。買掛金は決まった期日に支払わなければなりません。
しかし、経営はつねに「晴れ」であるとはかぎりません。ときには売上が低迷したり、あてにしていた取引が中断されたりして、予定していた入金がないという月が訪れるかもしれません。事業を健康に維持していくためには、たとえ十分な預金残高がない場合でも、買掛金の支払いは確実に済ませる必要があります。つまり、資金を調達しなければならなくなるわけです。こうしたときに、経営者として、どんな資金調達方法が有効なのかということに頭を悩ませたり、社外から調達した資金をどのように仕訳したらいいのか悩む経理担当者もいることと思います。
まず、こうした場合に有効な資金調達方法に、ファクタリングがあります。そして、ファクタリングを利用した場合の仕訳は、決して難しいものではありません。
本記事では、買掛金の支払いを目的とする資金調達にファクタリングがなぜ有効なのか、そしてその場合の仕訳の入力方法について詳しく説明していきます。

1. 買掛金の支払い期日を延ばすことは難しい

売掛金支払期日
ばすことはしい

この記事をご覧の方は、まさに今、資金繰りに苦労しているという経営者の方もいらっしゃると思います。
支払い期日が迫っている買掛金がある。でも、手元には十分な現金預金がない。できれば、お金ができるまで買掛金の支払いを延ばしたい。
そんな本音をもっている方もいらっしゃるかもしれませんね。
買掛金の支払いを待ってもらえるなら、それがいちばん良いように思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。実際にはなかなかそう簡単なこととは言いきれません。

そもそも、買掛金の支払日は、企業間の約束ごとで決められたものです。
「支払いが苦しいので、買掛金の支払いを待ってほしい」
恥を忍んで、誠意をもってそんな説明をすれば、もしかすると、なかには期日の延伸を受け入れてくれる企業もあるかもしれません。
しかし、そんな取引先がかりにあったとしても、あなたの会社の信用はどのようになるでしょうか。
支払いが苦しい会社=経営がうまくいっていない=じきに倒産するかもしれない会社、というレッテルを貼られて、次回からの取引に大きな悪影響を及ぼす可能性もあります。
「いや大丈夫、買掛先の会社はこちらの会社よりも小規模だから、頼めばいやとは言えないはずだ。今後も取引してもらいたいのは、お互い様だ」
そんなふうに考えるのも、非常に問題があります。下請け先から納品を受けてから60日以内に代金を全額支払わないと、下請法に抵触するおそれがあるのです。
現実的には、買掛金の支払い期日をむやみに延ばしてしまうことは、あなたの会社の信頼を大きく損なうことにつながるのです。
だから、指定された期日までに資金を調達し、買掛金をきちんと支払うことを考えたほうが建設的であり、現実的であると言えるでしょう。

資金調達の重要性については、以下の記事もあわせてご参照ください。

2. 買掛金の資金調達には、ファクタリングが有効

買掛金資金調達には、
ファクタリング有効

買掛金の支払いのために資金を調達する方法は、いくつかあります。最もよく知られている方法としては、金融機関からの融資してもらうこと、というのがあげられます。
金融機関からの融資といえば、まずは審査に通らなければなりません。この審査の対象となるのは、お金を借りる側、つまり御社の返済能力です。申し込んだからといって必ずお金を貸してもらえるとはかぎりません。もし審査担当者が、あなたの会社の決算書を見て、減益や赤字、はたまた大きな負債を抱えているといった状況を認めてしまったら、経営状況が悪化している企業と判断して、融資の審査を通してくれない可能性が高まります。いつもひいきにしている銀行だからといって、追加融資となれば経営状況が厳しくチェックされるのは当たり前のことです。
マル経融資のような、日本政策金融公庫などの政府系の金融機関による融資もあります。たしかに、そこでは経営が悪化している企業向けの融資も扱っています。しかし、ここでももちろん審査がないわけではありません。つまり、すべての企業が融資を受けられるというわけではありません。
また、融資を甘くみていると、あとで痛い目にあいます。
当たり前のことですが、融資を受けたら、貸してもらったお金を月々返済していかなければなりません。しかも利子がつくのですから、借りるお金の額が大きくなるほど、返済していく期間も長くなり、その分の利子もどんどんかさんでいきます。経営も圧迫することになりますし、経理担当者にとっては、返済に関わる仕訳を月々入力する手間が増えてしまうことになります。この点はデメリットです。

そこで提案したいのが、ファクタリングという資金調達方法を利用することです。
ファクタリングというのは、自社が保有する売掛金をファクタリング会社に売却することによって、資金調達をする方法です。やはり審査がありますが、これは御社の経営状態を審査するわけではなく、売掛金そのものについての審査です。確実に支払われるとわかっている売掛金があれば、御社の経営状態に関わらず審査に通るというのが、ファクタリングの大きな特徴です。
もうひとつのメリットは、ファクタリングというのは借金ではないということです。ファクタリングによって資金調達を行っても、そのお金をファクタリング会社に返済する必要はありません。このため、ファクタリング取引の仕訳は、ファクタリングを利用した際のみ記入すればよいことになります。これは経理担当者にとっても大きなメリットといえるでしょう。

銀行融資とファクタリングの比較については、他の記事で詳しく解説していますので、あわせてお読みください。

3. 仕訳や勘定科目はどうなる?ファクタリングを利用した場合

仕訳勘定科目はどうなる
ファクタリング
利用した場合

それでは、ファクタリングを使って資金を調達した場合、具体的に、どのような勘定科目を使って仕訳を入力すればいいのか、ということについて説明しましょう。

ファクタリングならではの勘定科目としては、以下のものがあげられます。

  • ・未収入金
  • ・売掛債権譲渡損

順番に説明しますね。
まず勘定科目「未収入金」について。
この勘定科目は、ファクタリング会社と売掛金の譲渡契約を結んだ際に使用するものです。この時点では、近日中に売掛金が現金化することは決まっていますが、まだ入金されていないという状態です。そのため、契約した当日には、借方に「未収入金」、貸方に「売掛金」の勘定科目を使うことになります。

次に、もうひとつの勘定科目「売掛債権譲渡損」について。
この勘定科目は、ファクタリング会社から買取額が入金された際に使用するものです。ファクタリング会社は、契約した際に定めた手数料額を差し引いた後、御社に入金してきます。そこで、その手数料額を「売掛債権譲渡損」の科目で借方に計上するわけです。

ちなみに、実際に入金された金額は、「現金」や「普通預金」といった勘定科目で、借方に計上していきます。またこの際、貸方には勘定科目「未収入金」を用います。

4. 具体的な仕訳の記入例

具体的仕訳記入例

それでは、ファクタリングを利用した場合の仕訳をどのように記入すればよいか、実際に確認していきましょう。
例として、ここでは100万円の売上が2019年10月31日に計上されている売掛金を取り上げます。

まず売上が発生した時点で、以下の仕訳が記載されていることと思います。

日付 借方 貸方
2019/10/31 売掛金 1,000,000 売上 1,000,000

その後、ファクタリングで資金調達することに決め、2019年11月18日に売掛金をファクタリング会社へ譲渡することになったとします。この「2019年11月18日」は譲渡の契約を結んだ日付です。
この場合、次のような仕訳が起こされることになります。

日付 借方 貸方
2019/11/18 未収入金 1,000,000 売掛金 1,000,000

さて、ファクタリングによる買取額は、契約を結んだ当日、つまり即日に入金される場合もあります(ちなみに、私たちトムズパートナーでも、即日のご入金が可能です)。ですが、ここでは話をわかりやすくするために、契約の翌日に入金されたというケースとして考えてみましょう。

この場合の実際の仕訳は、次のようなものとなります。使用する勘定科目は、先ほど説明したように「未収入金」です。なおファクタリングの手数料は、かりに5%としています。

日付 借方 貸方
2019/11/19 現金 950,000
売掛債権譲渡損 50,000
未収入金 1,000,000

手数料が差し引かれ、実際に受け取ることになる金額は、売掛金の95%にあたる95万円となります。差額はファクタリング会社の手数料として差し引かれますから、先ほど説明したように、この金額を「売掛債権譲渡損」という勘定科目を用いて、借方に記載します

ちなみに、トムズパートナーのように、ファクタリングを申し込んだ当日中、つまり即日に振込まで済ませることができるファクタリング会社を利用した場合の仕訳は、まとめて以下のように記入することになるでしょう。

日付 借方 貸方
2019/11/18 現金 950,000
売掛債権譲渡損 50,000
売掛金 1,000,000

この現金から、買掛金の支払いを行う仕訳は、通常の経理処理になります。

5. 買掛金を安心して支払うことができる資金を調達できるファクタリング

買掛金安心して支払うことができる
資金調達できるファクタリング

ここまで、買掛金の資金調達にファクタリングが有効な理由、そしてファクタリングを利用した際の仕訳の具体例などについて解説してきました。融資を受け、毎月の返済を計上していかなければならない場合に比べると、記入の手間が大幅に省けていることがおわかりいただけたのではないかと思います。

私たちトムズパートナーでは、ファクタリングの中でも、「2社間ファクタリング」を専門に取り扱っております。
このため、最短で申し込み当日の入金が可能であり、買掛金支払のための資金調達をごくスピーディーに行えます。これは経営者の皆さんのご要望を少しでもかなえたいという私たちの願いのあらわれです。
加えてトムズパートナーのファクタリングはノンリコースです。簡単にいうと、万が一、売掛金が支払われなかった場合でも、売掛金を売却した御社に対してそれを請求することはない、ということです。そのようなことにならないために、事前の審査を行うのですが、予測できない想定外の事態のために、売掛先企業が売掛金を支払うことができなくなるという可能性はゼロとは言い切れません。そういった場合にも、だからといって御社に売掛金を買い取った代金を返済しろと要求することはありません。
御社は、安心して、調達した資金を買掛金の支払いにあてることができます。
買掛金を支払うための資金調達にお困りの場合は、ぜひトムズパートナーにお気軽にご相談ください。


ファクタリングに関するご質問・ご相談は
トムズパートナーまでご連絡ください。

FAQよくあるご質問

Q

トムズパートナーのファクタリングとは?

トムズパートナーは、他社と「費用」に大きな違いがあります。
<手数料が下りやすい>
トムズパートナーは、お客様の“資金繰り”を改善・解決することを目的としているため、取引回数が増えるたびに手数料を安くし、お客様の“資金繰り”を改善・解決するようにしています。例えば、最初は15%の手数料でも、取引するたびに15%→12%→10%→8%→5%と手数料を下げていくことで、お客様の負担を減らし、最終的にはファクタリングを利用せずに経営できる状態にすることができます。
<手数料以外の費用がかからない>
ファクタリング手数料以外の費用はいただいていないため、トータル費用を安くすることができます。他社ではファクタリング手数料以外に、諸費用として「債権譲渡登記費用、契約書印紙代、事務手続き費用、登記抹消費用、交通費」などの10万円~20万円ほどの費用がかかります。

初めてご利用される方へ →
Q

お会いして相談できますか?

お会いしてご相談することができます。担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。まずは、一度ご相談ください。

お問い合わせ →
Q

訪問は必要ですか?

訪問していただく必要はありません。電話・メールまたは、担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。

申し込み・手続きの流れ →
Q

東京以外でも利用できますか?

遠方の方でもご利用いただくことができます。お気軽に、ご相談ください

お問い合わせ →
Q

電話とメールで利用できますか?

お電話・メールでご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ →
Q

検討段階ですが色々相談できますか?

現在のお客様の状況やお悩みなどをお聞かせいただければ担当スタッフが最適なアドバイスをさせていただきます。ご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ →
Q

取引先に知られませんか?

2社間ファクタリングの場合、お取引先に知られることなく、安心してご利用いただけます。また、お取引先に連絡・通知する必要もございません。

ファクタリングとは →
Q

プライバシーは守られますか?

ご安心ください。トムズパートナーは、プライバシーポリシーに基づき、お客様からお預かりする情報を厳重に管理しています。

プライバシーポリシー →
Q

どのような企業が利用していますか?

全国幅広い業種の中小企業様・中堅企業様・起業1年以内のベンチャー企業様・個人事業主様にご利用いただいております。

Q

売掛先が倒産したらどうすれば良いですか?

トムズパートナーは返金義務のない[ノンリコース]のファクタリングです。売掛先(お取引先様)が倒産した場合でも返金する義務はありません。

メール・FAXは
24時間 365日受付中

CONTACTお問い合わせ

お電話でお問い合わせの方

ファクタリングに関するご質問・ご相談は、
トムズパートナーまでお気軽にご連絡ください。

ファクタリングに関するご質問・ご相談

受付時間 / 平日 10:00〜19:00

FAX. 03-6284-4886(24時間受付)

〒116-0014 東京都荒川区東日暮里
5-45-10 能美ビル 5F

無料相談・査定依頼フォーム

必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
改めて当社スタッフがご連絡いたします。

必須

任意

必須

必須

必須 無料相談 査定依頼 その他質問

任意