トムズパートナーロゴ
Toms column

銀行の融資条件とファクタリングの違い

1. 銀行の融資がなくなったら?

銀行融資がなくなったら

事業を展開されている経営者の皆さんなら、会社を経営する上で、銀行とのお付き合いが欠かせないことをよくご存じだと思います。
日頃の振り込みや預金の出し入れだけに限らず、対外的にも、たとえば主要取引先が指定する支店の口座が必要になる場合もあります。会社のホームページに取引先銀行の名前を公開している企業も少なくありませんよね。社員を募集するときなどにも、「うちの会社は〇〇銀行がメインバンクですよ」と銀行名をアピールすることもあります。一流銀行と取引があるということは、信用性が高い企業というイメージがあるからです。この取引というのは、つまり融資を受けているということで、その銀行から資金を調達しているということです。融資を受けているということは、その銀行に対して一定の信用度があるということになります。銀行が、この会社にはお金を貸しても大丈夫と判断しているからこそ、融資をしていることになりますので、その銀行が一流銀行であるほど、企業としての信用度も高まるわけです。
融資というと立派に聞こえますが、要は借金です。借金はしないほうがいいと考える経営者もいますし、無借金経営を貫いている会社もあります。しかし現実的には無借金経営は簡単なことではありませんし、事業を続ける上で融資を受けることは決して「悪いこと」ではありません。上に述べたように会社の信用度を表すことにもなりますので、多くの企業が銀行から融資を受けています。事業を軌道に乗せるまで、いや、事業が順調になってからも、安定した経営を行う上で、銀行の融資は必要なものと言えるでしょう。
そんなことから、銀行とお付き合いをすることは、多くの企業にとって大事なことと言えます。
しかしながら、銀行はどんなとき、どんな会社にも融資してくれるとは限りません。融資を断られる場合も当然のことながらあります。それはどんなときなのでしょうか。

2. 急に資金が必要になる事態

資金必要になる事態

もし上場会社であれば、株式を発行することで資金を調達できますが、非上場の企業なら、資金調達というのは、たいていの場合、銀行からの融資のことを指しています。
資金を調達することは、事業を新たに立ち上げる際だけでなく、その事業を継続していくためにも欠かせません。事業立ち上げのような特別な支出はなくても、会社を経営し続けていくためには、つねに手元に一定の資金を置いておかなくては、事業を継続していくことは難しくなってしまうのです。
どういうことかというと、会社経営には、毎月、一定の費用がかかるからです。たとえば人件費や事務所の賃料、商品の仕入れや材料費などといった固定の費用は、売り上げが増えようが減ろうが、毎月必ず支払いしなければならないからです。
もし、予想外に売り上げが激減してしまうような月があったとしましょう。そのために人件費などを支払う資金が足りなくなってしまった場合、どうすれば良いでしょうか。
これは決して突飛な仮定をしているわけではなく、たとえば昨今、毎年のように大きな被害が出ている台風のような自然災害によって、自社ばかりでなく、取引先が被害を被って商品を買ってもらうことができなくなる可能性もあります。いつなんどき、自社がそういった目に遭わないと胸を張れる会社は少ないのではないでしょうか。また、なんらかの事故によって一時的に売り上げが少なくなってしまうことは、つねにありえることです。その結果予定していた入金がないために、資金が足りなくなるということが起こり得るのです。
すでに銀行から融資を受けていた場合は、事情を銀行に話し、かつ、この状況が一時的であるということをきちんと説明することで、追加融資をお願いするという方法が考えられます。その月の支出を滞りなく済ませることができれば、翌月以降の売上金で返済分を調整していくことになるでしょう。
もし、会社で積み立てておいたおカネがあれば、やむを得ず取り崩して、支払いに充てるという方法も考えられます。
しかし、できれば一時的な資金不足はほかに影響が出ないように解決したいものです。銀行に追加融資をお願いすれば、当然のことながら、財務諸表の借入金額が増えることになります。それも融資してもらえればの話で、銀行の融資条件に合わなかったら、断られてしまうことだって考えられます。銀行の融資は、生易しいものではありません。少しでも売り上げが落ちるような会社だと、融資条件が厳しくなることもあるからです。

3. 銀行融資とファクタリングの違い

銀行融資
ファクタリング

ここで、ファクタリングという資金調達の方法について説明します。
ファクタリングとは、「売掛債権の現金化」です。借入金ではありません。そのため、銀行融資とは異なり、ファクタリングを利用しても、財務諸表上の借入金の金額が変わることはありません。これはファクタリングのメリットのひとつだと言えます。
銀行からの融資では利息が発生しますよね。たとえ返済が苦しい場合でも、少なくとも利息は早く返していかなければ、利息が元本に組み入れられ、「利息が利息を生む」ことになりかねません。
ファクタリングでも、利用すれば手数料が発生します。利息みたいなものだろうと思うかもしれませんが、これは1回しか発生しません。ファクタリング会社と売掛債権を売買取引する際に、この手数料が差し引かれるというだけです。そもそもファクタリングは借金ではないのですから、お金を返済するということがありません。売り渡した売掛金の決済日に、売掛先から入金された金額をファクタリング会社に転送する必要はありますが、これは返済ではなく、その売掛金の所有者がファクタリング会社に移っているからです。翌月には取引は完了していますので、ファクタリング会社に支払う必要はありませんし、したがって手数料も発生しません。
このことも、ファクタリングのメリットといえます。

さらに、ファクタリングには、入金が迅速であるというメリットもあります。私たちトムズパートナーの場合、早ければ即日にもお客様の口座に入金手続きをすることが可能です。これに比べると、銀行融資は申込をしてから1か月以上も審査に時間がかかるのが普通です。
これは、銀行融資の審査というものと、ファクタリングの審査とでは、性格が大きく異なるからです。
ファクタリングは「売掛債権の売買」ですから、審査の対象はその「売掛債権」とのものになります。銀行融資のように、皆さんの会社の財務諸表をチェックするのではありません。調べるとしたら、売掛債権の相手先企業の財務諸表ということになります。つまり、その売掛金が、確実に支払われるか、相手先企業の信用力を審査するわけです。相手先企業の支払い能力を最も重視します。
これが銀行融資になると、審査をしてもらうために、会社の決算書や様々な書類が必要になってきます。その結果、赤字経営が続いているようなら、審査に通らない可能性が高くなります。ファクタリングの審査は、こうした銀行の融資ではありませんので、おのずと審査もスピーディーに進むことになります。その結果、お申込のその日に入金手続きをするという、銀行融資ではありえないことが起こるわけです。
ファクタリングは借金ではありませんので、担保も保証人ももちろん不要です。返済も必要ありません。
さらに、「ノンリコース型」のファクタリングの場合なら、さらに相手先企業が倒産などしてしまったために、ファクタリング会社が買い取った売掛債権を回収することができなくなってしまったとしても、そのリスクは、ファクタリング会社が負うことになります。皆さんはすでに債権を手放してしまっているので、それを弁済する責任を負うことはありません。これを、「償還請求権が発生しない」と言います。

4. ファクタリングの条件は?銀行融資よりずっと簡単!

ファクタリング条件
銀行融資よりずっと簡単!

ファクタリングによって資金を調達するには、どんな条件が必要でしょうか。
銀行融資が断られてしまった企業でも、ファクタリングを利用することはもちろん可能です。
すでに銀行から融資を受けており、追加の融資を断られてしまった企業、赤字決算が続いてしまっている企業、創業したばかりで決算書が揃っていないベンチャー企業、こうした企業の経営者が、毎日のように私たちトムズパートナーに相談に見えています。シェアオフィスなどを間借りしており、自身の事務所を持っていないという企業の経営者もたくさんいらっしゃいます。こうした企業であっても、もちろんファクタリングを利用することは可能なのです。
もう一度言いますが、ファクタリングの審査で重視される最も厳しい条件は、皆さんの企業についてのものではありません。皆さんの手持ちの「売掛債権」の相手先企業が、確実に売掛金の分を入金できるかという点を重視するのです。銀行の融資のように、皆さんの会社自身の経営状況を審査することはありません。ですから、相手先企業の経営状況に問題がなければ、審査が通らないかもしれないというような心配は杞憂に終わるでしょう。

5. ファクタリングを利用すればこんなことが。

ファクタリング
利用すればこんなことが。

ファクタリングを利用することによって、皆さんの手元に、本来の支払期日より前に売掛債権が現金化されたら、その後は、皆さんの自由にその現金を使っても構いません。銀行融資では、借りたお金の使用状況や用途は制限されてしまいますが、ファクタリングではそのようなことはありません。
売掛債権を売却すると言うと、そのことが売掛先企業にばれてしまうのではないかと心配する方もいます。じつは、ファクタリングは、売掛先企業に知られずに内密に売掛債権を現金化することができます。
私たちトムズパートナーは、中小企業を経営する皆さんが安心して経営を継続していけるように、できるかぎりご利用しやすい仕組みを整えています。額面は10万円から利用可能ですし、2回、3回と何度もファクタリングをご利用いただいたお客様には、手数料を引き下げる仕組みもございます。
私たちのお客様は、日本全国の経営者の皆様です。遠方の企業様からも多くのお問い合わせを頂戴しておりますが、わざわざご来店いただくのはお時間も費用もかかり、ご負担をおかけしてしまうことになりますから、メールや電話でのやり取りのみで、お申込から審査、入金までを行うこともできます。
今、銀行をいくら回っても、融資条件が緩和されることは難しいのではないかと思われます。
これまでは銀行から融資を受けることだけを考え、審査が通らずに方を落としていらっしゃる経営者の皆さんには、ぜひ、ファクタリングを一度ご検討することをお勧めします。

ファクタリングなら、スピーディーに手元の債権を現金化することができ、銀行回りで融資を断られるという不要な時間ロスがなくなります。そんな時間があるのなら、その分を本業に時間をかけて、売上を回復するべく努めるべきだと私たちは考えています。私たちは皆さんの会社の財務が健全化し、経営者の皆さんに元気を取り戻していただきたいのです。
今すぐのご利用をお考えでなくても、ファクタリングという仕組みを知っておくことで、いざという時の心構えに差が出るのではないでしょうか。
ファクタリングを利用しても借入金は増えません。ひとつのお手軽な手元資金調達の方法として、また、いざという時の臨時金庫として、ファクタリングをご利用ください。
ご相談を心よりお待ちしています。

ファクタリングに関するご質問・ご相談は
トムズパートナーまでご連絡ください。

FAQよくあるご質問

Q

トムズパートナーのファクタリングとは?

トムズパートナーは、他社と「費用」に大きな違いがあります。
<手数料が下りやすい>
トムズパートナーは、お客様の“資金繰り”を改善・解決することを目的としているため、取引回数が増えるたびに手数料を安くし、お客様の“資金繰り”を改善・解決するようにしています。例えば、最初は15%の手数料でも、取引するたびに15%→12%→10%→8%→5%と手数料を下げていくことで、お客様の負担を減らし、最終的にはファクタリングを利用せずに経営できる状態にすることができます。
<手数料以外の費用がかからない>
ファクタリング手数料以外の費用はいただいていないため、トータル費用を安くすることができます。他社ではファクタリング手数料以外に、諸費用として「債権譲渡登記費用、契約書印紙代、事務手続き費用、登記抹消費用、交通費」などの10万円~20万円ほどの費用がかかります。

初めてご利用される方へ →
Q

お会いして相談できますか?

お会いしてご相談することができます。担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。まずは、一度ご相談ください。

お問い合わせ →
Q

訪問は必要ですか?

訪問していただく必要はありません。電話・メールまたは、担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。

申し込み・手続きの流れ →
Q

東京以外でも利用できますか?

遠方の方でもご利用いただくことができます。お気軽に、ご相談ください

お問い合わせ →
Q

電話とメールで利用できますか?

お電話・メールでご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ →
Q

検討段階ですが色々相談できますか?

現在のお客様の状況やお悩みなどをお聞かせいただければ担当スタッフが最適なアドバイスをさせていただきます。ご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ →
Q

取引先に知られませんか?

2社間ファクタリングの場合、お取引先に知られることなく、安心してご利用いただけます。また、お取引先に連絡・通知する必要もございません。

ファクタリングとは →
Q

プライバシーは守られますか?

ご安心ください。トムズパートナーは、プライバシーポリシーに基づき、お客様からお預かりする情報を厳重に管理しています。

プライバシーポリシー →
Q

どのような企業が利用していますか?

全国幅広い業種の中小企業様・中堅企業様・起業1年以内のベンチャー企業様・個人事業主様にご利用いただいております。

Q

売掛先が倒産したらどうすれば良いですか?

トムズパートナーは返金義務のない[ノンリコース]のファクタリングです。売掛先(お取引先様)が倒産した場合でも返金する義務はありません。

メール・FAXは
24時間 365日受付中

CONTACTお問い合わせ

お電話でお問い合わせの方

ファクタリングに関するご質問・ご相談は、
トムズパートナーまでお気軽にご連絡ください。

ファクタリングに関するご質問・ご相談

受付時間 / 平日 10:00〜19:00

FAX. 03-6284-4886(24時間受付)

〒116-0014 東京都荒川区東日暮里
5-45-10 能美ビル 5F

無料相談・査定依頼フォーム

必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
改めて当社スタッフがご連絡いたします。

必須

任意

必須

必須

必須 無料相談 査定依頼 その他質問

任意