トムズパートナーロゴ
Toms column

中小企業の4つの資金調達方法と、
ファクタリングが優れている理由

ほとんどの中小企業経営者にとって、必要な資金の調達は大きな悩みの種です。新聞を読んだりネットを見たり、セミナーに参加したり、交流会で人と情報交換したりと、どうやって資金を調達するかという情報を求めて、日々のアンテナを張り巡らされていることと思います。

資金を調達する方法はさまざまなものがありますが、どれも一長一短があり、一筋縄でいくものではありません。簡単にお金を貸してくれるからといって、高金利のローンなどに手を出してしまうと、それを返済するために経営が圧迫されてしまうことも考えられます。
そもそも、資金を調達しなければならない理由は何か。それは自社の事業をより成長させるためです。調達した資金を返済するために事業が危うくなってしまう事態は、まさに本末転倒と言えるでしょう。

その中で、安心して利用できる資金調達方法としてお勧めできる資金調達方法がファクタリングです。
なぜそんなことが言えるのか。
本記事では、中小企業が利用できる資金調達方法の特徴やメリット、デメリットを紹介し、その中でもなぜファクタリングが優れているか、その理由を解説していきます。

1. 事業資金の調達方法は、大きく4つに分けられる

事業資金調達方法
きく4つにけられる

まずは、企業が事業資金を調達する方法には何があるかということから見ていきましょう。

大きくは、次の4種類に分けられると思います。

・デットファイナンス(金融機関や公的機関などからの融資)

・国や自治体などからの補助金や助成金

・エクイティファイナンス(株式など、出資によって資金を調達する)

・アセットファイナンス(資産の売却や、買取ファクタリングが代表的)

それぞれには、もちろん、メリットとデメリットがあります。以下で、詳しく説明していきますね。

2. 金融機関や公的機関からの融資が一般的だが…

金融機関公的機関からの
融資一般的だが…

まず、デットファイナンスと呼ばれる、金融機関や公的機関からの融資について解説しますね。

ちなみにデット(DEAD)ではありませんので注意。デットとは、企業会計における「負債(debt)」のことです。貸借対照表(バランスシート)において、負債の部に記載されるので、デットファイナンスと呼ばれています。

さて、金融機関から融資を受けるためには、当たり前のことですが、返済できる見込みがあることが条件になります。業績が順調に推移しているなら問題はありませんが、以下のいずれかにあてはまるような場合には、金融機関は融資を渋ることになるでしょう。

✔ 赤字決算が続いている

✔ 創業して間もない

✔ 黒字決算であるものの、業績が悪化している

しかし、公的機関からの融資は、上記に当てはまってしまうような企業でも受けられる可能性があります。代表的なものに日本政策金融公庫の融資があります。ここでは企業の状況に応じた幅広い融資メニューを揃えています。
ただし、公的機関からの融資は、手続きがかなり煩雑になるというデメリットがあります。加えて、実際にお金を借りられるまでに1ヶ月程度が必要となりますから、急ぎで必要な資金には向きません。

3. お金を借りる方法はどれも一長一短

お金りる方法
どれも一長一短

上に書いたように、創業間もない企業や、業績がふるわない企業では、融資を利用するハードルは一般的に高くなりがちです。
そんな企業でも融資を受ける方法としては、下記のような手段もあります。

・ビジネスローン

・融資型クラウドファンディングの利用

・親族から借りる

ビジネスローンや融資型クラウドファンディングは、金融機関から融資を断られた方でも、借りられる可能性があるかもしれません。
ただし、金融機関や公的機関からの融資に比べて金利が高くなってしまうということは、大きなデメリットです。自分自身でしっかりとした返済計画を立てておかないと、やはり返済が足かせとなり、経営を圧迫するようなことになりかねません。

これに比べると、親族から借りるという方法は、どのような経営状態であっても借りられるというメリットがあると言えます。身内からお金を借りると、どうしても負い目を感じることになるかもしれませんが、あくまでも精神的な負担です。過酷な取り立てなどは避けられる可能性が高いですし、場合によっては無利子で借りることができるかもしれません。
ただし、親族からお金を借りると、さまざまな場面で身内の口出しを受けることも考えられます。かえって経営がやりにくくなってしまうこともあるかもしれません。

4. 補助金や助成金は返済不要だが、時間がかかる

補助金助成金
返済不要だが、時間がかかる

次に、国や自治体などからの補助金や助成金について解説します。
こういった団体では、企業に対してさまざまな補助金や助成金の制度を用意しています。これらの制度を利用すれば、受け取ったお金を返済する必要はありません。足かせになることがないので、それによって経営が悪化してしまう事態を招くことはない、というのがメリットのひとつになります。
一方で、補助金や助成金には次のようなデメリットもあります。

・申請の手続きが煩雑で、必要となる書類も多い

・審査や選考が行われるため、申し込んでも必ずもらえるとは限らない

・受け取れるまでの期間が長い(申請から1年を超える場合もある)

・用途に制限が課されている場合がある

余裕がある経営状態であれば、数年後の収益化をもくろんで綿密に事業計画を立て、立ち上げに必要な資金の一部として、補助金や助成金を申請することもいいでしょう。見込みがある現実的な計画であれば選考審査にも通過することができ、それが事業を進める上でのひとつの自信にもつながるでしょう。
ただし、即効性という点では、補助金や助成金は有効な資金調達手段とはいえません。今月末の精算、給与支払いといった場合には、のんびりと補助金や助成金を申請している暇はとてもないでしょう。
返済不要という点はたしかに魅力的ですが、補助金や助成金に頼った経営は避けるべきです。

5. 出資してくれる投資家には要注意

出資してくれる
投資家には要注意

次に、エクイティファイナンスについて解説します。
エクイティというのは企業の株主資本のことです。エクイティファイナンスとは「新株発行を伴う資金調達」のことです。上述のデットファイナンスだと負債が増えてしまうことになりますが、エクイティファイナンスは原則として返済期限がなく、資本が増加します。これは会社の財務体質を強くするという効果があります。
大きな企業であれば、時価発行増資(公募)や 株主割り当て、第三者割当といった払込を伴う増資、転換社債型新株予約権付社債(CB)等の新株予約権付社債の発行などといったものがエクイティファイナンスと呼ばれますが、中小企業の場合は、次のようなものが代表的であると考えられます。

・株式市場に上場する

・エンジェル投資家から投資を受ける

・ベンチャーキャピタルや中小企業ファンドから投資を受ける

上述したように、返済期限がなく、会社を強くするというメリットはありますが、投資した側にとっては、自分が出したお金がその人の収益に結びつかなければ、何らかの形で経営に関与することを要求することになります。もちろん、経営状態についても、求められれば随時説明しなければなりません。株式を持っている場合には割合によっては経営権を握られてしまうこともあります。せっかく創業した企業から自分が追い出されてしまうというおそれがあるわけです。

核となる技術をもっているなど、潜在的な成長力をもっている場合、エクイティファイナンスによって一気に資金を調達することは、会社を大きくしたい場合、ある意味では理想的な方法であるとも言えます。
ただし、せっかくの事業の主導権を奪われないように注意しなければならないのと、調達までの時間はやはりかかるということはデメリットになるでしょう。

6. 売掛金や資産を売却する資金調達が安全

売掛金資産
売却する資金調達安全

ここまで説明してきた資金調達方法については、どれも一長一短があり、何らかの不便さやリスクがあります。
最後に紹介する方法が、資産を売却して資金調達する「アセットファイナンス」です。
アセットとは資産のことであり、アセットファイナンスとは、企業が持つ不動産や有価証券、在庫などを売って現金化するという資金調達の方法です。
売ってしまうので資産は減ってしまうことになりますが、それを了承するなら、返済する義務もありませんし、安全な資金調達の方法であると言えるでしょう。

もちろん、売ることができる資産があることが条件ですから、「オフィスも賃貸だし、特別な機械設備なども持っていない」と思われる経営者もいらっしゃると思います。
ですが、そのような会社でも、ほとんどの会社が持っている資産があるのです。
それが売掛金です。
事業を行っていれば、会社の売上のほとんどは現金収入ではないはずです(もちろん、店舗経営の場合は、日々の売上が現金ということになりますが)。つまり、月末などの締め日に請求書を発行して送付し、受け取った取引先がその代金を期日に支払うというルールのもとに売上を計上しているはずです。
この売掛金もまた企業の重要な資産のひとつなのです。
ファクタリングを利用することで売掛金を現金化でき、速やかに資金を調達することが可能です。

7. 資金調達方法としてファクタリングが優れている理由

資金調達方法として
ファクタリングれている理由

本記事の結論としては、中小企業の資金調達方法としては、ファクタリングが優れているということです。
なぜなら、ファクタリングには次のような特徴があるためです。

・売掛金の存在が確実であれば、利用企業の業績が悪くても融資が受けられる

・調達した資金は、用途の制限もなく自由に使える

・即日での審査も可能であり、スピーディーな資金調達が可能

・審査に必要な書類が少ない

・売掛金の売却であるため、返済不要。また担保や保証人も不要

・ノンリコースのファクタリングであれば、売掛先企業が倒産しても返済不要

・2社間ファクタリングを利用することで、売掛先に知られることなく資金調達が可能

これらの特長は、いずれも中小企業経営者にとって嬉しいポイントです。

審査自体が簡単で、自社の信用性が乏しくても通りやすく、資金を得た後に口出しされたり、用途についていちいち報告することもなく、他の方法よりもずっとスピーディに資金を調達することができる。しかも返済の必要もないとなれば、もはや利用しない理由が見つからないほどではないでしょうか。
とくに、私たちトムズパートナーのように、2社間ファクタリングに特化したファクタリング会社であれば、最短の場合、即日で審査することも可能です。
ビジネスローンなどでは即日対応できるようなものもありますが、返済の必要がある「借金」であることを考えれば、急ぎで資金を調達しなければならない経営者にとって、ビジネスローンとファクタリングのどちらが有効な方法かということは、明らかではないでしょうか。

早急な資金調達の必要に迫られている経営者の皆さんのご要望に応えるために、トムズパートナーでは万全のサポート体制を準備しております。
資金繰りにお困りの際は、ぜひお気軽にご相談していただきたいと思います。

ファクタリングに関するご質問・ご相談は
トムズパートナーまでご連絡ください。

FAQよくあるご質問

Q

トムズパートナーのファクタリングとは?

トムズパートナーは、他社と「費用」に大きな違いがあります。
<手数料が下りやすい>
トムズパートナーは、お客様の“資金繰り”を改善・解決することを目的としているため、取引回数が増えるたびに手数料を安くし、お客様の“資金繰り”を改善・解決するようにしています。例えば、最初は15%の手数料でも、取引するたびに15%→12%→10%→8%→5%と手数料を下げていくことで、お客様の負担を減らし、最終的にはファクタリングを利用せずに経営できる状態にすることができます。
<手数料以外の費用がかからない>
ファクタリング手数料以外の費用はいただいていないため、トータル費用を安くすることができます。他社ではファクタリング手数料以外に、諸費用として「債権譲渡登記費用、契約書印紙代、事務手続き費用、登記抹消費用、交通費」などの10万円~20万円ほどの費用がかかります。

初めてご利用される方へ →
Q

お会いして相談できますか?

お会いしてご相談することができます。担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。まずは、一度ご相談ください。

お問い合わせ →
Q

訪問は必要ですか?

訪問していただく必要はありません。電話・メールまたは、担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。

申し込み・手続きの流れ →
Q

東京以外でも利用できますか?

遠方の方でもご利用いただくことができます。お気軽に、ご相談ください

お問い合わせ →
Q

電話とメールで利用できますか?

お電話・メールでご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ →
Q

検討段階ですが色々相談できますか?

現在のお客様の状況やお悩みなどをお聞かせいただければ担当スタッフが最適なアドバイスをさせていただきます。ご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ →
Q

取引先に知られませんか?

2社間ファクタリングの場合、お取引先に知られることなく、安心してご利用いただけます。また、お取引先に連絡・通知する必要もございません。

ファクタリングとは →
Q

プライバシーは守られますか?

ご安心ください。トムズパートナーは、プライバシーポリシーに基づき、お客様からお預かりする情報を厳重に管理しています。

プライバシーポリシー →
Q

どのような企業が利用していますか?

全国幅広い業種の中小企業様・中堅企業様・起業1年以内のベンチャー企業様・個人事業主様にご利用いただいております。

Q

売掛先が倒産したらどうすれば良いですか?

トムズパートナーは返金義務のない[ノンリコース]のファクタリングです。売掛先(お取引先様)が倒産した場合でも返金する義務はありません。

メール・FAXは
24時間 365日受付中

CONTACTお問い合わせ

お電話でお問い合わせの方

ファクタリングに関するご質問・ご相談は、
トムズパートナーまでお気軽にご連絡ください。

ファクタリングに関するご質問・ご相談

受付時間 / 平日 10:00〜19:00

FAX. 03-6284-4886(24時間受付)

〒116-0014 東京都荒川区東日暮里
5-45-10 能美ビル 5F

無料相談・査定依頼フォーム

必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
改めて当社スタッフがご連絡いたします。

必須

任意

必須

必須

必須 無料相談 査定依頼 その他質問

任意