トムズパートナーロゴ
Toms column

ファクタリングとは
売掛金の買取サービスのこと

私たちは日々、中小企業の経営者の皆さんのご相談にのっています。
皆さんが資金繰りに悩むことは、決して珍しいことではなく、むしろ一度も資金繰りに悩んだことがないという経営者がいるなら、お目にかかりたいぐらいです。

必要な資金を調達するためにはいくつか方法がありますが、その代表的なものが金融機関などからの融資です。

融資ですから、のちのち返済していかなければなりません。これは当たり前のこと。保証人も必要だと言われるでしょう。多くの場合、経営者自身が連帯保証人となります。自分の会社だから仕方がないとはいえ、できれば避けたいことですよね。暗い想像もしてしまうかもしれません。

でも、あきらめてしまうのは、まだちょっと気が早いと思います。
どんな企業にも、何らかの売掛金がありますが、その売掛金を買取ってもらい、現金化できれば、企業の運営資金に活用できるようになります。

さて、「売掛金を買い取ってもらう」というのはどういうことでしょうか。
本記事では、売掛金の買取サービスである「ファクタリング」について、詳しく解説していきましょう。

1. ファクタリングは入金日到来前の売掛金を買取るサービス

ファクタリング入金日到来前
売掛金買取サービス

日銭商売といわれる飲食店などを除けば、ほとんどの会社は売掛金による取引を行っていると思います。

商品やサービスを先に提供し、支払日を指定した請求書を発行して取引先に送るという商取引を「掛取引」といいます。そして、指定された期日に入金される予定のお金が、「売掛金」です。

そんなこと知っている!と言われそうですが、考えてみれば、「資金がない」と言っても、「後日入金予定の売掛金」はあるわけですよね。ただし、約束した期日まではまだ日数があるために、自社の口座には入金されていません。つまり現金としては扱えません。それが売掛金なのです。

「ファクタリング」とは、この「まだ入金日になっていない売掛金」を買い取り、代金として現金にしてくれるサービスです。

現金になっていないものが現金になるのですから、事業活動に大いに役立てることができます。

2. ファクタリングで売掛金を買取る仕組み

ファクタリング
売掛金買取仕組

経営者にはうれしいファクタリングですが、「2社間」と「3社間」という2種類があり、それぞれ、売掛金を買取る仕組みが異なります。

2社間ファクタリング

2社というのは、ファクタリング会社と利用企業のことです。この2社間で契約を結ぶので、「2社間」というわけです。

ファクタリングサービスを利用するには審査を受ける必要があります。いくら売掛金があるからといって、自動販売機のように現金が出てくるわけでなく、ファクタリング会社が、契約しても大丈夫かどうかを審査します(これについては、次の項でくわしく説明しますね)。

金融機関から融資を受けるときにも審査が行われますが、ファクタリングでの審査は、利用企業よりも、売掛先企業、つまり期日になると代金を支払ってくれるはずの、利用企業の取引先の信用性が主な対象になります。

2社間の場合、この審査は秘密裡に行われます。売掛先企業は自社が審査されている事実を知ることができません。これは、あとで書くように、2社間ファクタリングの大きなメリットです。

この審査の結果、売掛金を買い取ってもよい、とファクタリング会社が判断したら、ファクタリング会社と利用企業は契約を交わし、買取金額の入金手続きを行います。後日、決められた期日に、売掛先企業から入金があったら、利用企業はすみやかにそれをファクタリング会社に入金しなければなりません。

3社間ファクタリング

前記の2社に加え、3社目として、売掛先企業が加わり、契約を結ぶことになります。

売掛先企業は当事者のひとりですから、契約を結ぶためには、利用企業がファクタリングサービスを利用することを売掛先企業に対して通知し、承諾を得なければなりません。

ということは、利用企業は、資金繰りに苦慮していることを売掛先企業に知られてしまうことになります。しかも、入金すると約束している期日まで待てないほど切迫しているということまでわかってしまうわけです。

売掛先企業によっては、今後もこの会社と取引を続けても大丈夫か、と不安を感じるかもしれません。最悪の場合は「危ないから付き合うのはやめよう」と取引を停止される事態も考えられます。これが3社間ファクタリングのデメリットです。

契約が成立すると、売掛金の請求や支払いは、ファクタリング会社と売掛先企業の間で行われます。契約を結んだ後は利用企業がすることは何もない、ということは3社間ファクタリングのメリットであると言えます。

また、ファクタリング会社にとっては、売掛金を直接回収できることになりますから、先に現金を提供するリスクが少ないと言えます。このため、2社間よりも手数料が安くなります。これも3者間のメリットと言えるでしょう。

2種類のファクタリングの仕組みをメリット・デメリットを含めてご説明しました。
それを踏まえた上で、取引先に台所事情を知られてしまう3社間ファクタリングは、多くの中小企業にとってあまり現実的ではない場合が多いのではないでしょうか。
私たちトムズパートナーは、そんな中小企業の気持ちによりそって、2社間ファクタリングに特化したサービスを提供しています。

3. ファクタリングは審査がすばやく、即日買取・入金も可能

ファクタリング審査素早
即日買取・入金可能

じつはファクタリングは、金融機関からの融資とはくらべものにならないほど審査がスピーディに進みます。即日買取・入金も可能な場合もあるほどです。
なぜそんなに審査が早いのかというと、ファクタリングにおける審査がほぼ次の2点に絞られているためです。

・買取対象の売掛金が、間違いなく実在していること

・売掛先企業に、期日通り売掛金を支払う能力や信用があること

たったこの2つだけです。

もちろん他のことをまったく見ないわけではありませんが、金融機関からの融資を受ける際の審査のように、利用企業や経営者の返済能力については審査の重点は置かれません。

税金を滞納していたりすると、金融機関から融資を受けるのはかなり難しくなりますが、ファクタリングにおいては、そういったことはほぼ関係ないと言ってもいいでしょう。

さらに、金融機関からの融資では必ず必要になる「返済計画」を立てる必要もありません。ファクタリングはお金を借りるのではなく、売掛金というモノを売却しているだけだからです。

このように「売掛金の確実性」が審査のポイントとなっているので、ファクタリングの審査は迅速に完了するのです。

私たちトムズパートナーのファクタリングの審査も、おかげさまで迅速だと大変好評です。
もし、お申し込みから審査、契約手続き、請求書のご発行までを同日に行っていただければ、貴社ご指定の口座へ即日に振り込むこともできます。

4. 売掛金を買取るファクタリングの手数料は何で決まるか

売掛金買取ファクタリング
手数料まるか

ファクタリングは、まだ現金になっていない売掛金を買い取ってもらうことで、現金にできるサービスです。もちろん、ファクタリング会社もビジネスでやっていることですから、手数料がかかります。
この手数料の金額が大きいと、せっかく売掛金を買い取ってもらっても、受け取れる現金は減ってしまうことになるので、利用には注意が必要です。

前の項でも少しふれましたが、手数料の金額(料率)は、売掛金そのものの内容や、2社間か3社間かということ、そしてファクタリング会社によっても異なります。


売掛金の内容

手数料を決める要素の1つ目が売掛金の内容です。

売掛先企業にもいろいろあります。いつも約束した期日にきっちりと支払ってくれる売掛先もあれば、支払いがしょっちゅう遅れがちな売掛先もあるでしょう。平時であれば、多少の支払いの遅れも我慢できるかもしれませんが、ファクタリングの場合は、売掛金を回収するのはファクタリング会社であり、そのために契約も結んでいるわけですから、入金が遅れがちな売掛金は、回収できないかもしれないリスクが高いとみなされてしまいます。

したがって、売掛金の金額が同じであっても、きちんとした売掛先よりも払いが遅れる売掛先のほうが手数料は高くなります。
最も手数料の料率が低くなるのは、国や地方公共団体などが売掛先である場合です。これらが払いを渋ることはあり得ません。必ず期日に入金してくれて「取りっぱぐれがない」ので、ファクタリング会社は安心して売掛金を回収することができます。
また財務状況の良い企業や、誰でも知っているような大企業の場合も、売掛金を支払わないという可能性が低いと判断され、手数料を低く抑えられる可能性が高くなります。


2社間か、3社間か

2つ目の要素は、2社間か3社間かとうことです。

3社間ファクタリングの手数料が2社間よりも高くなるということは、上の項で説明しました。具体的に言うと、2社間ファクタリングの手数料は10%~25%、3社間ファクタリングの手数料は5%~15%が大体の相場になります。


ファクタリング会社による違い

3つ目の要素は、ファクタリング会社ごとの違いです。

ファクタリング会社もいろいろです。中には30%もの手数料をとるファクタリング会社もあります。申し込む前には、手数料率をちゃんと調べておきましょう。

ひとつ注意しなければならないのは、審査に事務コストがかかるということです。このコストは、売掛金の金額によって変化することはありません。ということは、売掛金が少額の場合は、手数料率は高くついてしまうことになります。

私たちトムズパートナーが2社間ファクタリングに特化していることは、先ほども書きましたが、じつは、一般的な3社間ファクタリングの手数料と比べても安い3%~15%の手数料率です。他社よりも多くの資金を提供することが可能です。

5. ファクタリング会社によっては、10万円から買取可能

ファクタリング会社によっては
10万円から買取可能

ファクタリングには、比較的少額の売掛金でも買い取ってくれるという特徴があります。

最低金額はファクタリング会社によってさまざまに異なります。

トムズパートナーの場合は10万円から買取可能

「少額だから、ビジネスローンで借りたほうがいいかな?」と迷うような金額でも、トムズパートナーなら迅速に現金化を実現し、速やかに貴社の事業に役立てていただけます。

6. ノンリコースのファクタリングなら、万一の際にも返済不要

ノンリコースファクタリングなら
万一にも返済不要

何度も言うように、ファクタリングとは融資と異なり、売掛金を買い取るサービスです。
現金化した資金は、利用企業が何に使うかは自由(融資の場合はそうはいきません)で、返済も不要です。

では、ファクタリング会社が売掛金を回収できない場合はどうなるでしょうか。
たとえば売掛先が倒産してしまった場合、利用企業に請求が行ってしまう可能性があります。自社が倒産したわけでもないのに、売掛先企業の尻拭いをしなければならないわけです。これでは、せっかく手数料を払って現金化した意味がありません。

そうした万一の場合に備えて、ノンリコースのファクタリングを選ぶことをお勧めします。

ノンリコースであれば、リスクをファクタリング会社に移転することができます。つまり、万が一に売掛金が支払われないような場合でも、利用企業は受け取った現金を返済しなければならない義務はありません。
トムズパートナーが提供するファクタリングも、もちろんノンリコースです。安心して資金を有効活用してください。

ファクタリングに関するご質問・ご相談は
トムズパートナーまでご連絡ください。

FAQよくあるご質問

Q

トムズパートナーのファクタリングとは?

トムズパートナーは、他社と「費用」に大きな違いがあります。
<手数料が下りやすい>
トムズパートナーは、お客様の“資金繰り”を改善・解決することを目的としているため、取引回数が増えるたびに手数料を安くし、お客様の“資金繰り”を改善・解決するようにしています。例えば、最初は15%の手数料でも、取引するたびに15%→12%→10%→8%→5%と手数料を下げていくことで、お客様の負担を減らし、最終的にはファクタリングを利用せずに経営できる状態にすることができます。
<手数料以外の費用がかからない>
ファクタリング手数料以外の費用はいただいていないため、トータル費用を安くすることができます。他社ではファクタリング手数料以外に、諸費用として「債権譲渡登記費用、契約書印紙代、事務手続き費用、登記抹消費用、交通費」などの10万円~20万円ほどの費用がかかります。

初めてご利用される方へ →
Q

お会いして相談できますか?

お会いしてご相談することができます。担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。まずは、一度ご相談ください。

お問い合わせ →
Q

訪問は必要ですか?

訪問していただく必要はありません。電話・メールまたは、担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。

申し込み・手続きの流れ →
Q

東京以外でも利用できますか?

遠方の方でもご利用いただくことができます。お気軽に、ご相談ください

お問い合わせ →
Q

電話とメールで利用できますか?

お電話・メールでご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ →
Q

検討段階ですが色々相談できますか?

現在のお客様の状況やお悩みなどをお聞かせいただければ担当スタッフが最適なアドバイスをさせていただきます。ご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ →
Q

取引先に知られませんか?

2社間ファクタリングの場合、お取引先に知られることなく、安心してご利用いただけます。また、お取引先に連絡・通知する必要もございません。

ファクタリングとは →
Q

プライバシーは守られますか?

ご安心ください。トムズパートナーは、プライバシーポリシーに基づき、お客様からお預かりする情報を厳重に管理しています。

プライバシーポリシー →
Q

どのような企業が利用していますか?

全国幅広い業種の中小企業様・中堅企業様・起業1年以内のベンチャー企業様・個人事業主様にご利用いただいております。

Q

売掛先が倒産したらどうすれば良いですか?

トムズパートナーは返金義務のない[ノンリコース]のファクタリングです。売掛先(お取引先様)が倒産した場合でも返金する義務はありません。

メール・FAXは
24時間 365日受付中

CONTACTお問い合わせ

お電話でお問い合わせの方

ファクタリングに関するご質問・ご相談は、
トムズパートナーまでお気軽にご連絡ください。

ファクタリングに関するご質問・ご相談

受付時間 / 平日 10:00〜19:00

FAX. 03-6284-4886(24時間受付)

〒116-0014 東京都荒川区東日暮里
5-45-10 能美ビル 5F

無料相談・査定依頼フォーム

必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
改めて当社スタッフがご連絡いたします。

必須

任意

必須

必須

必須 無料相談 査定依頼 その他質問

任意