Toms column

ファクタリングとビジネスローン
経営者が選ぶべきなのはどちら?

企業を経営している皆さんにとって、資金繰りは大きな悩みのひとつですよね。
日々、お客様のご相談に対応していると、経営状況が悪い場合はもちろんですが、かりに経営状況が良い時であっても、資金繰りに困る局面があるようです。
なぜなら、お店のような「日銭商売」でもないかぎり、売り上げや売上金が入金されるまでには、ほとんどの場合タイムラグがあるというのが一般的だからです。

一般の商取引においては、納品などに応じて請求書を発行し、それに対する支払いは現金以外にも手形が用いられることがあります。
しかし当然のことながら、手形はすぐに現金化できるものではありません。
そのようにタイムラグが生じると、かりに売上が順調に伸びていたとしても、材料などの仕入れや加工のための外注費、あるいは従業員への給与などを支払うための資金がショートしてしまう、というケースがあるのです。

今回は、経営状況が悪い時はもちろん、経営状況が良い時にもつなぎ資金として利用価値がある、ファクタリングとビジネスローンについて説明します。

1. 経営者に優しい、ファクタリングの3大メリット

経営者しい、
ファクタリング3大メリット

ファクタリングとは、請求書に対する現金の支払いが生じる期日前の売掛金を、ファクタリング会社に買い取ってもらい、すぐに現金化することです。
手形を利用したことがある方なら、手形の割引を思い浮かべていただくと分かりやすいかもしれません。
ご存じの通り、手形の割引とは、手形を期限前に資金化することです。
ファクタリングも、手形の割引とおなじように、早急に資金を手元に用意したいときに有効な方法です。
このファクタリングですが様々なメリット·デメリットがあります。

ファクタリングの主なメリットは3つあります。


1. 最短の場合、即日で資金を手元につくれる

ファクタリングのメリットのひとつ目は、最短の場合、即日でお金を手にすることができる可能性があることです。

ファクタリングやビジネスローンを利用する必要に迫られている方の多くは、できるだけ早く資金が欲しいというのが本音ではないでしょうか。

私たちの経験からしても、とくにファクタリングを利用する経営者には、その傾向が強いと感じています。
というのも、喫緊に資金を必要としているのでなければ、売掛金が入金される期日まで普通に待っていればいいからです。
売掛金の期日まで待てば、満額の現金を手にすることができます。
しかし、手数料を払ってまでファクタリングを利用するということは、どうしても遅らせることのできない、差し迫った支払いがあるということなのです。

残念ながら、どこのファクタリング会社でも対応しているわけではないのですが、私たちトムズパートナーのように、喫緊の資金ニーズに応えられる、即日対応のファクタリング会社が存在するということは、悩める経営者にとって大きな助けになるはずです。


2. 自社の信用状況が不芳でも利用できる可能性がある

ファクタリングのメリットの2つ目は、自社の信用状況が芳しくないときでも利用できるということです。

銀行に融資を依頼する場合、自社の信用状況が芳しくない場合には、審査に通りません。
これに対して、ファクタリングにおいては、自社ではなく、売掛先の信用状況を重視します。

ファクタリング会社にとって最も重要なことは、その売掛先からしっかり売掛金を回収するということです。
そのため、ファクタリングを申し込む会社の信用状況についてはあまり重視しません。
あくまでも売掛先の信用力を重視しますので、信用状況が悪い会社でもファクタリングは利用できるのです


3. 財務諸表を汚さない

ファクタリングのメリットの3つ目は、財務諸表を汚さないということです。

ファクタリングは、お金を借りたことになりませんので、決算書の財務諸表に載ることはありません。
これを簿外資産と言いますが、簿外資産として利用できることは、大きなメリットです。

というのも、のちに銀行に対して融資を申し込む場合、財務諸表に債務があると、当然のことながら不利に働いてしまうからです。債務が多い会社は銀行からの融資を期待できません。

ファクタリングは借入金ではないため、財務諸表に載ることはありません。
今後、銀行融資を受ける際、ファクタリングを利用することはメリットになります。

2. ファクタリングのデメリット

ファクタリングデメリット

いいことずくめのファクタリングですが、ただし、デメリットもひとつだけあります。
それは、手数料が高くなる場合があるということです。

銀行系のファクタリング会社なら、あくまでも3社間ファクタリングの場合ですが、数パーセント(某大手都市銀行では2%のところもあります)の手数料しかかからないところもあります。

しかし、一般のファクタリング会社では、手数料が数十パーセントにも及ぶ場合もあるのです(ちなみに、私たちトムズパートナーの場合は、3~15%の間で手数料を設定しています)。

ファクタリングはメリットも大きいですが、利用する際は手数料についてしっかりと確認することが大事です。

3. ビジネスローンとは

ビジネスローンとは

次に、ビジネスローンについて解説してきます。
ビジネスローンとは、事業用の資金を借りることのできるローン商品です。

一般的な個人向けのフリーローン(カードローン)は、基本的に使途は自由ですが、もちろん、例外的に利用できない使途もあります。
これはたとえば投資とか、ギャンブルといったものなのですが、同じように、「事業目的で使う資金」についても、フリーローンは利用することができません。
そこで、個人のフリーローンで対応できない事業資金に対応したローンが、ビジネスローンなのです。

ファクタリングと同じように、ビジネスローンにもさまざまなメリットやデメリットがあります。

ビジネスローン主なメリットは3つあります。


1. 銀行融資に比べると審査が早い

ビジネスローンのメリットのひとつ目は、銀行融資に比べると審査の結果が出るのが早いということです。

銀行で融資を受ける場合には、財務諸表をはじめ、様々な書類を用意しなければなりません。
そして書類を全部集めて提出しても、銀行内部で決裁を受け、審査結果が出るまでにはかなりの時間がかかるというのが一般的です。
もちろん、ビジネスローンの利用にも審査はあります。しかし、銀行融資に比べて用意しなければならない書類は少なく、審査の時間も短いというのが一般的です。

ビジネスローンの種類にもよりますが、即日で審査が完了し、その日から利用することができるビジネスローンも存在します。
急な資金需要がある経営者にとっては大変ありがたいと思います。


2. 銀行融資に比べると審査が緩い

ビジネスローンのメリットの2つ目は、審査が銀行融資に比べると緩いということです。

銀行からの融資では、たとえば、一般的に中小企業がよく利用する信用保証協会の保証付き融資の場合で、信用保証協会の審査だけで1ヶ月程度かかります。さらに提出する書類も非常に多くなります。
しかし、ビジネスローンでは審査書類は少なく、申し込みをする金融機関によっては、事業計画書の提出すら必要ないというところもあります。
さらに審査も銀行融資に比べると緩いので、銀行融資を受けることができなかった会社でも、ビジネスローンを利用できる可能性は十分あります。


3. ビジネスローンの種類によっては、大きな金額を借りることができる

ビジネスローンのメリットの3つ目は、ビジネスローンの種類によっては、大きな金額の借り入れが可能なことです。
ビジネスローンは、一般的な個人が使うカードローンよりも「利用限度額」が大きいことが多いです。
大きな金額の借り入れをすることができることは、ビジネスローンの大きなメリットだと言えます。

4. ファクタリングか、ビジネスローンか

ファクタリングか、
ビジネスローン

ここまで読んで、正直なところ、ファクタリングとビジネスローンのどちらを選ぶほうがいいのかと思われた方もいるかもしれません。
先に答えを言うと、それは「場合による」ということになります。

以下で、ファクタリング利用した方が良いケース、そしてビジネスローンを利用した方が良いケース、それぞれについて説明していきますね。


〇 ファクタリングを利用したほうが良い場合

ファクタリングを利用したほうが良いケースは、たとえば次のような場合です。

・審査に自信がない場合
・即日資金が必要な場合
・財務諸表を汚したくない場合

すでにビジネスローンを利用していたり、税金を滞納していたりといった理由で審査に通る自信がないような場合には、ファクタリングの利用をお勧めします。

前述したように、ファクタリングでは売掛先の信用情報が主に重視されますので、そのように自社の信用情報が悪い場合でも、売掛先の信用さえ確かであれば、問題なく審査に通る可能性が高いと言えます。

また、ファクタリングの審査は一般の銀行融資に比べて、かなりスピーディですから、最短の場合、即日で資金を手にできる可能性もあります。

さらに、ファクタリングは、借り入れではないため、財務諸表に載ることはありません。
もちろん、銀行融資やビジネスローンのようにお金を借りているわけではありませんので、入手することができた資金を後で返さなければならないわけでもありません。

財務諸表に載らないということは、今後融資を受ける際の審査に悪影響を与えませんから、将来的に銀行からの融資を受けることを検討している会社にとっては、大変有利になるでしょう。


〇 ビジネスローンを利用した場合が良い場合

次に、ビジネスローンを利用したほうが良いケースです。
これは、やはり、下記のような場合でしょう。

・金利の低さを重視する場合

先ほど紹介したように、ファクタリングの場合でも、銀行系の3社間ファクタリングであれば、非常に低い手数料で利用できます。
しかし、3社間ファクタリングは、ファクタリング利用企業とファクタリング会社に加え、売掛先も加わる3社の契約です。

ファクタリングを利用する会社のほとんどは「2社間ファクタリング」を選んでいます。
これはファクタリング利用企業とファクタリング会社の2社だけの取引になりますので、ファクタリングを利用していることを売掛先が知ることはありません。

売掛先にファクタリングの利用を知られると、今後の取引を継続する上で不安を抱かせてしまうことになり、最悪の場合は取引中止になる可能性もありますので、多くの会社が2社間ファクタリングを選んでいるのです。
さらに、ファクタリング会社にとっては、売掛金の回収が容易な3社間ファクタリングの手数料は低く設定していますが、2社間ファクタリングの手数料は高く設定されています。
銀行系ファクタリング会社では、そもそも3社間ファクタリングしか行っていないのがほとんどです。

そうしたことを考えると、ビジネスローンの場合は、もちろんその会社の信用力にもよりますが、低金利で利用できる可能性があるという点で、ファクタリングよりもお勧めできるかもしれません。
銀行融資に比べて審査がスピーディなのはファクタリングにも言えることですが、ビジネスローンも早く資金を手にすることができる手段ではあります。

自社の信用力に自信があり、財務諸表に影響が出ても構わない、という場合には、ビジネスローンを使うこともお勧めできる方法です。

ファクタリングに関するご質問・ご相談は
トムズパートナーまでご連絡ください。

FAQよくあるご質問

Q

トムズパートナーのファクタリングとは?

トムズパートナーは、他社と「費用」に大きな違いがあります。
<手数料が下りやすい>
トムズパートナーは、お客様の“資金繰り”を改善・解決することを目的としているため、取引回数が増えるたびに手数料を安くし、お客様の“資金繰り”を改善・解決するようにしています。例えば、最初は15%の手数料でも、取引するたびに15%→12%→10%→8%→5%と手数料を下げていくことで、お客様の負担を減らし、最終的にはファクタリングを利用せずに経営できる状態にすることができます。
<手数料以外の費用がかからない>
ファクタリング手数料以外の費用はいただいていないため、トータル費用を安くすることができます。他社ではファクタリング手数料以外に、諸費用として「債権譲渡登記費用、契約書印紙代、事務手続き費用、登記抹消費用、交通費」などの10万円~20万円ほどの費用がかかります。

初めてご利用される方へ →
Q

お会いして相談できますか?

お会いしてご相談することができます。担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。まずは、一度ご相談ください。

お問い合わせ →
Q

訪問は必要ですか?

訪問していただく必要はありません。電話・メールまたは、担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。

申し込み・手続きの流れ →
Q

東京以外でも利用できますか?

遠方の方でもご利用いただくことができます。お気軽に、ご相談ください

お問い合わせ →
Q

電話とメールで利用できますか?

お電話・メールでご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ →
Q

検討段階ですが色々相談できますか?

現在のお客様の状況やお悩みなどをお聞かせいただければ担当スタッフが最適なアドバイスをさせていただきます。ご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ →
Q

取引先に知られませんか?

2社間ファクタリングの場合、お取引先に知られることなく、安心してご利用いただけます。また、お取引先に連絡・通知する必要もございません。

ファクタリングとは →
Q

プライバシーは守られますか?

ご安心ください。トムズパートナーは、プライバシーポリシーに基づき、お客様からお預かりする情報を厳重に管理しています。

プライバシーポリシー →
Q

どのような企業が利用していますか?

全国幅広い業種の中小企業様・中堅企業様・起業1年以内のベンチャー企業様・個人事業主様にご利用いただいております。

Q

売掛先が倒産したらどうすれば良いですか?

トムズパートナーは返金義務のない[ノンリコース]のファクタリングです。売掛先(お取引先様)が倒産した場合でも返金する義務はありません。

メール・FAXは
24時間 365日受付中

CONTACTお問い合わせ

お電話でお問い合わせの方

ファクタリングに関するご質問・ご相談は、
トムズパートナーまでお気軽にご連絡ください。

ファクタリングに関するご質問・ご相談

受付時間 / 平日 10:00〜19:00

FAX. 03-6284-4886(24時間受付)

〒116-0014 東京都荒川区東日暮里
5-45-10 能美ビル 5F

無料相談・査定依頼フォーム

必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
改めて当社スタッフがご連絡いたします。

必須

任意

必須

必須

必須 無料相談 査定依頼 その他質問

任意