トムズパートナーロゴ
Toms column

2社間ファクタリングなら
迅速・秘密裡に資金調達可能

中小企業の経営者にとってありがたい資金調達方法がファクタリングです。
日々、多くのご相談をいただいていますが、ファクタリングには2種類あることをご存じない方が多いようです。

それは「2社間ファクタリング」「3社間ファクタリング」です。
私たちトムズパートナーでは、基本的には2社間ファクタリングをお勧めしております。

どちらも売掛金をもとに資金調達できることには変わりありませんが、2社間ファクタリングには、次のようなメリットがあります。

2社間ファクタリングのメリット

・売掛先にファクタリングを利用していることが通知されないため、秘密が守られる
・審査のスピードが早く、最短で申し込み当日の入金が可能
・融資を受けにくい企業や個人事業主でも、資金調達が可能

つまり、2社間ファクタリングは、中小企業や個人事業主における、より有効な資金調達方法であるということになります。

本記事では、そんな2社間ファクタリングについて、くわしく解説してまいります。
御社が資金調達する際に、少しでもご参考になれば幸いです。

1. ファクタリングには2社間と3社間がある

ファクタリングには
2社間3社間がある

ファクタリングは、大きく2社間と3社間に分けられます。
どちらも「売掛金を売買する契約を結ぶこと」という点には違いはありませんが、どこが違うのかというと、契約に売掛先企業が関わるかどうかという仕組みの部分で大きな違いがあるのです。

2社間ファクタリングは、ファクタリングを利用する企業(利用企業)と運営会社の2社が契約の当事者となります。

売掛先企業もファクタリングを申し込む上での審査の対象になりますが、もちろん、契約の当事者とはなりません。
当事者ではありませんので、ファクタリング会社が、その売掛先企業に対して通知を行うことは一切ありません。これが大きな特徴です。
売掛先企業は、それまでの取引と同様に、期日に、利用企業に対して売掛金を支払い、利用企業はそれをファクタリング会社に支払うことになります。
いったん利用企業を経由して運営会社に支払われますので、売掛先企業は、利用企業とファクタリング会社との間の支払いについて知ることはありません。

次に、3社間ファクタリングを見てみましょう。

3社間ファクタリングの場合、ファクタリング契約を締結する過程で「売掛先企業の承認を得る」というステップが加わることになります。

もし、売掛先企業が承認してくれないという場合には、3社間ファクタリングを利用することはできません。
また、売掛金そのものは、売掛先企業から直接、ファクタリング会社に支払われることになります。
ファクタリング会社にとっては、売掛金を回収するリスクが下がることになりますので、2社間ファクタリングよりも手数料が低くなるというメリットがあります。

2. 2社間ファクタリングは「知られることなく」資金調達できる

2社間ファクタリング
「知られることなく」資金調達できる

上記で解説した通り、2社間ファクタリングの特徴は、「売掛先企業が契約に関与しない」という点です。
この特徴は、次のようなメリットにつながります。

2社間ファクタリングのメリット

・売掛先企業に知られることなく、安心して資金を調達できる
・万一、売掛金の支払いが遅れても、経営への影響を少なくできる

そもそもファクタリングを利用する目的は、何でしょうか。
それは、「資金繰りの改善」です

具体的にいえば、売掛金を回収する期日よりも前に支払わなければならないお金があるということです。
ファクタリングを利用していることが、もし売掛先企業に知られてしまったらどうなるでしょうか。

「あの会社は経営状態が悪い」

そうみなされてしまう可能性が高いでしょう。

「うちの売掛金がないと、つぶれてしまうかもしれない」

そんなふうに思われるかもしれません。
そんなに経営状態が悪い会社と取引を続けたくないと思われるかもしれないわけです。
その売掛先が、利用企業の主要取引先だった場合は、もし取引を打ち切られるようなことになれば、その後の経営に重大な悪影響を及ぼすことになるでしょう。
資金繰りというのは、そのくらいセンシティブな情報を含んでいるのです。

ですから、ファクタリングを利用する場合は、経営に悪い影響が出ないよう、より繊細に配慮することをお勧めしています。
売掛先企業に秘密にしたまま、売掛金を現金化できる2社間ファクタリングを私たちがお勧めするのは、このメリットのためです。

様々な事情によって売掛金の支払いが遅れてしまったような場合もあるかもしれません。
2社間ファクタリングは、そんなときでも経営への影響を少なくできるというメリットがあります。

ファクタリングを利用すると、ファクタリング会社に手数料を支払わなければなりません。
売掛金の金額そのままの資金を得ることができるわけではありません。そのぶん事業に使える資金は減ってしまいます。

しかし、もしファクタリングを利用しなかったら、なんらかの事情によって、売掛金の支払いが遅れたり、支払い自体がなくなってしまう場合、その後の事業の継続に深刻な影響を与えてしまうでしょう。

売掛先企業によっては、下請け企業である利用企業に対して、一方的に支払額を減額したり、支払を遅延することもあるかもしれません。
そういったことはもちろん下請法違反ではありますが、元請けと下請けの企業同士が教科書通りのフェアな関係を結ぶことは、概して難しいものです。

「次の仕事も頼むから今回は頼むよ」

などといった甘い言葉で、不利とわかっているようなことを承諾せざるを得ないこともあると思います。
そんなありがたくない事態が起きても、あらかじめ返金義務のない「ノンリコースの2社間ファクタリング」を利用していれば、売掛金が期日通りに全額支払われなくても、経営への悪影響をおさえることができるので、2社間ファクタリングは大きなメリットを発揮します。

もちろん、トムズパートナーでも、ノンリコースの2社間ファクタリングを扱っています。
ご依頼の秘密を守り、売掛先に知られずに、必要な資金を安全に調達することが可能です。

トムズパートナーのファクタリングについてはこちらから

3. 2社間ファクタリングは迅速に資金調達が可能

2社間ファクタリング
迅速資金調達可能

2社間ファクタリングは、迅速に資金を調達することが可能です。これもメリットのひとつになります。
なぜスピーディに資金を調達できるのでしょうか。
それは、ファクタリングの審査が、次の2点にフォーカスしたものになるからです。

1. その売掛金が間違いなく存在しているか

2. その売掛金がきちんと支払われるか

さらに、実際に契約を行うのは、利用企業とファクタリング会社の2社だけですから、揃えなければならない書類の数も最小限になります。3社間ファクタリングのように、売掛先企業に承認してもらう必要もありません。

このように2社間ファクタリングでは迅速な審査が可能なために、事業資金を速やかにお渡しできるわけです。
私たちトムズパートナーの場合、お申込みから最短当日での入金も可能です。

4. 融資を受けにくい企業も、2社間ファクタリングなら資金調達できる可能性が高い

融資けにくい企業も、
2社間ファクタリングなら
資金調達できる可能性

資金繰りで困ってしまった経営者の念頭に浮かぶのは、「誰かにお金を借りること」でしょう。
まっさきに考えるのは、銀行などの金融機関からの融資です。
しかし、次のような会社が融資を受けることは、一般には難しいとされています。

・赤字決算が続いている

・税金を滞納している

・中小企業である

・個人事業主である

・創業1年目など、創業後の年数が短い

これに対して、2社間ファクタリングにおける審査は、申し込み企業についてよりも、売掛金そのものに対する審査が主体です。
したがって、申し込み企業の経営状態がどうなっているかということに関わらず、売掛金が確実に支払われる確認さえ取れれば、資金調達することが可能になるのです。

また、当たり前のことですが、誰かから借りたお金=融資は、それを返していかなければなりません。
2社間ファクタリングの場合、受け取った資金は返済する必要はありません。
本来であれば売掛金が振り込まれるものを、期日よりも早く資金化しているだけですから、誰かにお金を借りているわけではないのです。

融資の場合は、借りたお金を何に使うかなど用途については厳しく追及されますが、ファクタリングの場合は資金の用途に制限はありません。申し込み企業の判断で、自由に使うことができるのです。

金融機関の融資を受けられない中小企業や個人事業主から、日々多くのご相談をいただいています。
そうした皆さんであっても、トムズパートナーでは売掛金を買取ることが可能です。

少額でも気になさらないで結構です。10万円から買取りますので、ぜひお気軽にご相談ください。

5. 2社間ファクタリングの注意点

2社間ファクタリング注意点

ここまで解説したように、2社間ファクタリングは、資金調達で悩む経営者にとって、迅速に経営資金を確保できる有効な手段であると言えます。
しかし、注意すべき点がないわけではありません。
次のような項目については、利用する前にチェックすることをお勧めしたいと思います。

✔ 手数料が高率となる可能性がある

✔ 資金を調達する側の審査も行われる

✔ ノンリコースのファクタリングが安心

1点目ですが、2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングにくらべて手数料が高率となる場合があります。
ファクタリング会社の立場になって考えるとわかりますが、2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社は、3社間の場合のように売掛先に直接支払いを請求できません。売掛金はあくまでも申し込み企業を経由してファクタリング会社に支払われますから、最悪の場合、申し込み企業がそれを使い込んでしまったりするリスクもあるのです。
このため、2社間ファクタリングの手数料は、3社間にくらべて高めに設定されています。
ファクタリング会社によっては、手数料が3割もかかるところもあります。事前に入念にチェックしておきましょう。
ちなみに、私たちトムズパートナーの場合は、3%から15%の間で手数料を設定しています。

2点目の注意点は、面談という形で利用企業の審査を行うという点です。
先述したように、審査において最も重要な項目は、売掛金そのものですが、上にも書いたように、受け取った売掛金を使い込まず、きちんとファクタリング会社に送金してもらえるかという信用性も、やはり審査の項目には含まれています。
このため、審査においては、利用企業と面談して人柄のチェックをすることが欠かせません。
ファクタリングを利用する際は、誠実な態度で面談に臨んだほうがいいでしょう。信頼できないような経営者には、審査が厳しくなることを覚悟しなければなりません。

3点目の注意点は、ノンリコースであるかどうかを必ず確認するということです。
もし、ノンリコースでない場合は、万が一、売掛先企業から売掛金が入金されない場合、申し込み企業が、ファクタリング会社から得た資金を返金しなければならないという義務があります。
上述したように、様々な事情で、入ってくるはずの売掛金が入らなかったということは、絶対に起こりえないことではありませんから、これは大きなリスクになります。そんなことになったら、せっかく手数料を払って資金を調達した意味がなくなってしまうことになります。
ファクタリングを利用する際には、ノンリコースであることを確認した上で申し込みましょう。
トムズパートナーはノンリコースのファクタリングサービスを提供していますので、どうぞご安心ください。

2社間ファクタリングの特徴とメリットについて、様々な角度から解説しました。
トムズパートナーは、最短当日での入金が可能な2社間ファクタリングを提供しています。融資を受けられない企業でも資金調達に活用できます。
ぜひ、お気軽にご相談ください。お電話、メール、FAXをお待ちしております。

ファクタリングに関するご質問・ご相談は
トムズパートナーまでご連絡ください。

FAQよくあるご質問

Q

トムズパートナーのファクタリングとは?

トムズパートナーは、他社と「費用」に大きな違いがあります。
<手数料が下りやすい>
トムズパートナーは、お客様の“資金繰り”を改善・解決することを目的としているため、取引回数が増えるたびに手数料を安くし、お客様の“資金繰り”を改善・解決するようにしています。例えば、最初は15%の手数料でも、取引するたびに15%→12%→10%→8%→5%と手数料を下げていくことで、お客様の負担を減らし、最終的にはファクタリングを利用せずに経営できる状態にすることができます。
<手数料以外の費用がかからない>
ファクタリング手数料以外の費用はいただいていないため、トータル費用を安くすることができます。他社ではファクタリング手数料以外に、諸費用として「債権譲渡登記費用、契約書印紙代、事務手続き費用、登記抹消費用、交通費」などの10万円~20万円ほどの費用がかかります。

初めてご利用される方へ →
Q

お会いして相談できますか?

お会いしてご相談することができます。担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。まずは、一度ご相談ください。

お問い合わせ →
Q

訪問は必要ですか?

訪問していただく必要はありません。電話・メールまたは、担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。

申し込み・手続きの流れ →
Q

東京以外でも利用できますか?

遠方の方でもご利用いただくことができます。お気軽に、ご相談ください

お問い合わせ →
Q

電話とメールで利用できますか?

お電話・メールでご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ →
Q

検討段階ですが色々相談できますか?

現在のお客様の状況やお悩みなどをお聞かせいただければ担当スタッフが最適なアドバイスをさせていただきます。ご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ →
Q

取引先に知られませんか?

2社間ファクタリングの場合、お取引先に知られることなく、安心してご利用いただけます。また、お取引先に連絡・通知する必要もございません。

ファクタリングとは →
Q

プライバシーは守られますか?

ご安心ください。トムズパートナーは、プライバシーポリシーに基づき、お客様からお預かりする情報を厳重に管理しています。

プライバシーポリシー →
Q

どのような企業が利用していますか?

全国幅広い業種の中小企業様・中堅企業様・起業1年以内のベンチャー企業様・個人事業主様にご利用いただいております。

Q

売掛先が倒産したらどうすれば良いですか?

トムズパートナーは返金義務のない[ノンリコース]のファクタリングです。売掛先(お取引先様)が倒産した場合でも返金する義務はありません。

メール・FAXは
24時間 365日受付中

CONTACTお問い合わせ

お電話でお問い合わせの方

ファクタリングに関するご質問・ご相談は、
トムズパートナーまでお気軽にご連絡ください。

ファクタリングに関するご質問・ご相談

受付時間 / 平日 10:00〜19:00

FAX. 03-6284-4886(24時間受付)

〒116-0014 東京都荒川区東日暮里
5-45-10 能美ビル 5F

無料相談・査定依頼フォーム

必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
改めて当社スタッフがご連絡いたします。

必須

任意

必須

必須

必須 無料相談 査定依頼 その他質問

任意