トムズパートナーロゴ
Toms column

ファクタリングは中小企業にこそ
おすすめしたい資金調達方法

中小企業の経営者の皆様は、日々、様々な課題に取り組まれていることと思います。
売上や集客のアップ、優秀な人材の確保、優良な取引先との持続的な関係の構築……そして、ときによっては、資金繰りに苦労する場面もあるのではないでしょうか。
資金繰りは、中小企業の経営者にとって、本当に胃が痛くなってしまう問題ですよね。

月末が近くなってくると、思わず、お客様に支払いサイトの交渉をしたくなることもあることでしょう。
でも、中小企業にとってのお客様は、多くの場合、自分よりも規模の大きな企業であることが多いですから、いくら資金繰りに苦慮しているといっても、支払いサイトを短くしてほしいという申し出をすることは、なかなかしにくいと思います。

あまりに必死にお願いしてしまうと、「この会社は危ないのではないか」と思われて、今後の取引に影響を及ぼしかねないからです。
しかし、そうはいっても、中小企業は大企業とは違って、それ以外に資金を調達する方法が限られています。

一体どうしたらいいでしょうか。

そんなときのために知っておきたいのが、中小企業でも利用できる有力な資金調達方法としての「ファクタリング」です。

本記事では、ファクタリングが、中小企業の資金調達になぜおすすめなのか、その理由についてご紹介していきますね。

1. 中小企業が資金調達できる方法は限られる

中小企業
資金調達できる方法られる

月末の仕入代金の支払いが迫ってきている。
もしくは、従業員の給与振込日に、入金が間に合わない……。

そんなふうに資金繰りに困る事態に陥ったとき、なんとか資金を調達することを考えなければなりません。
しかし、残念ながら、中小企業にとっては、資金調達の方法は限られているというのが現実です。

ここで、企業の資金調達の方法について考えてみましょう。
代表的な資金調達の方法としては、まず、銀行や信用金庫といった金融機関からの融資があります。

手持ちの現預金が足りないときや、赤字決算が続いているときには、融資してくれる先があれば安心できますよね。

ただし、金融機関の立場に立って考えてみましょう。
融資する側としては、貸したお金を確実に返済してもらいたいと考えるのは当然です。
ということは、経営が苦しい企業がお金を貸してほしいと希望してきても、そんなに苦しいのに、ちゃんとお金を返してもらえるのかと考えてしまうのが自然です。
融資が渋られてしまうというのはそういうことで、そうしたケースが多いのです。

小売業や飲食店などのような“日銭商売”なら、日々の売上金が入ってきます。
にもかかわらず、融資を申し込んできたとしたら、その日銭ではなぜ足りないのかと思われてしまいます。
そうした疑問に対する理由をきちんと説明することを求められます。

融資してくれる先は金融機関だけではありません。
他の資金調達方法として、補助金や助成金、日本政策金融公庫などの公的融資というものがあります。
公的融資にはさまざまなメニューがあり、中には業績が悪化している企業を対象としている、とてもありがたいものもあります。
ぜひ利用したいところですが、ただし、これらは申込みから入金まで、たいてい1ヶ月以上も要するものがほとんどです。

とくに補助金や助成金の入金は、半年から1年を要するような場合もありますから、今月末に必要な資金を手に入れることができるような、都合のいいものは見つからないでしょう。
急ぎの資金調達には向いていないのです。

そのほか、大企業なら、株式や債券を発行して一般から資金調達するという方法もあります。
いうまでもなく、これは中小企業の場合はあまり現実的ではないでしょう。

近年では投資型クラウドファンディングによる資金調達なども注目を浴びていますが、15%以上の高額な手数料がかかってしまいますし、そもそも資金調達までの期間もかかりますから、やはり急ぎの利用には不向きです。

このように、中小企業にとって資金調達は簡単なことではないのです。

2. ファクタリングは中小企業の資金調達に適し、さまざまなメリットがある

ファクタリング
中小企業資金調達し、
さまざまなメリットがある

そんな中小企業の資金調達方法として、おすすめなのがファクタリングです。
ファクタリングとは、簡単にいうと「売掛債権の売却」です。
そのため、融資を受けにくい企業でも利用できることが最大の特徴です。

融資を受けにくい企業

・すでに多額の融資を受けている
・赤字決算が続いている
・創業してからの年数が短い
・小売業や飲食店などの日銭商売

いかがでしょうか。耳の痛い経営者もいらっしゃると思います。
でもご安心ください。

ファクタリングにおいて何よりも大切なことは、「売掛金が確実に支払われること」です。

ですから、ファクタリングの審査は、融資における審査とは異なり、売掛先企業の信用に重点が置かれます。
つまり、金融機関からの融資を受けにくい企業でも、次のような要件を満たしていれば、ファクタリングの審査を無事通過することができる可能性が高いのです。

ファクタリングの審査要件

・売掛先と継続した取引があること
・売掛先の経営状況に問題がないこと(売掛金を遅れずに支払ってもらえるなど)
・売掛先と締結した契約書があり、かつ請求書を定期的に提出していること

こうした要件を満たしているなら、資金繰りに困った際にも、もうあきらめなくてもいいようになるかもしれません。
ぜひ、ファクタリング会社に相談してみることをおすすめします。

ファクタリングには、融資にはない、次のようなメリットもあります。

ファクタリングのメリット

・資金の用途が制限されない(融資や補助金・助成金の場合は、目的が限定される場合もある)
・最短即日で売掛債権を現金化できる
・受け取る資金は負債ではないため、担保や連帯保証人が不要
・売掛先に秘密で資金を調達できる

資金繰りに困っているということは、たいていの場合、急ぎでお金が必要だということです。
ファクタリング会社によっては、最短、「即日」で売掛債権を現金化できる場合もあります。
また、2社間のファクタリングを利用することで、売掛先に秘密で資金調達を行うことが可能です。

私たちトムズパートナーも最短即日での現金化、および2社間ファクタリングの取り扱いをしております。
このため、大切な取引先に知られることなく、スピーディーに資金を調達するお手伝いができるのです。

3. 中小企業でも利用できるファクタリング会社の選び方

中小企業でも利用できる
ファクタリング会社

ファクタリングは中小企業でも資金調達できる有力な方法のひとつです。
もっとも、ファクタリングを扱う会社は世間にたくさんあります。
そのすべてが中小企業を対象としているわけではありません。
ですから、中小企業がスムーズに資金調達を行うためには、次のような6つのポイントに沿って、ファクタリング会社を選ぶ必要があります。

ファクタリング会社を選ぶ6つのポイント

1. 2社間ファクタリングであること(3社間ファクタリングは、売掛先に通知される)
2. 申込みから入金までの日数が短いこと(即日入金がベスト)
3. 少額の売掛金でも現金化できること
4. 手数料が低いこと
5. 万が一売掛金が入金されなくても、御社の支払い義務が発生しないこと
6. 審査に必要な書類が少ないこと

この6つのポイントはとても大事なものです。
ですが、これらの条件を満たしてくれるようなファクタリング会社は、じつは限られているのが実情です。

私たちトムズパートナーは、上記の条件を満たすファクタリング会社として、中小企業の資金繰りを喜んでお手伝いいたします。
とくに、10万円の売掛金でも対応していること、手数料も3~15%と他社より低いので、中小企業を経営する皆様に、大変喜んでいただいています。

事務所の場所は、日暮里駅の近くです。山手線沿いですので、東京23区の企業はもちろん、東京近郊からも訪問しやすい場所です。
遠方の企業様でも、メールや電話でご相談いただければ、ご利用頂くことが可能です。

4. ファクタリングを上手に生かし、円滑な経営を

ファクタリング上手かし、
円滑経営

ファクタリングという資金調達方法を上手に活かせば、企業会計のキャッシュフローに余裕が生まれます。
そうした余裕があれば、資金繰りに胃を痛めたり、資金調達に目の色を変えて奔走する必要がなくなりますので、大事な本業に集中することができるようになります。

ただし、ひとつだけ注意してほしいことがあります。
ファクタリングは、本来であれば後日受け取るはずだった売掛金を、前もって回収するという制度です。

つまり、ファクタリングを利用すると、本来の時期に受け取ることができるお金は、その分減ってしまいます。

もし、手持ちの売掛債権をすべてファクタリングして換金してしまうと、それ以降も、毎月ファクタリングを利用しなければ、お金が入ってこず、ファクタリングを前提に経営しなければならなくなってしまう、というおそれがあります。

私たちとしては、お客様が定期的にご利用くださるのは大変ありがたいことですが、皆様の経営があまりよくない状態に陥ることは絶対におすすめしません。
ファクタリングは現預金が不足した分だけ利用すること。

これが、円滑な経営を行うためのコツです。

トムズパートナーはファクタリングを通して、中小企業のいざという時に対し、スピーディーに資金をお渡しする体制を整えております。
資金繰りにお困りの際は、ぜひトムズパートナーにご相談ください。

ファクタリングに関するご質問・ご相談は
トムズパートナーまでご連絡ください。

FAQよくあるご質問

Q

トムズパートナーのファクタリングとは?

トムズパートナーは、他社と「費用」に大きな違いがあります。
<手数料が下りやすい>
トムズパートナーは、お客様の“資金繰り”を改善・解決することを目的としているため、取引回数が増えるたびに手数料を安くし、お客様の“資金繰り”を改善・解決するようにしています。例えば、最初は15%の手数料でも、取引するたびに15%→12%→10%→8%→5%と手数料を下げていくことで、お客様の負担を減らし、最終的にはファクタリングを利用せずに経営できる状態にすることができます。
<手数料以外の費用がかからない>
ファクタリング手数料以外の費用はいただいていないため、トータル費用を安くすることができます。他社ではファクタリング手数料以外に、諸費用として「債権譲渡登記費用、契約書印紙代、事務手続き費用、登記抹消費用、交通費」などの10万円~20万円ほどの費用がかかります。

初めてご利用される方へ →
Q

お会いして相談できますか?

お会いしてご相談することができます。担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。まずは、一度ご相談ください。

お問い合わせ →
Q

訪問は必要ですか?

訪問していただく必要はありません。電話・メールまたは、担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。

申し込み・手続きの流れ →
Q

東京以外でも利用できますか?

遠方の方でもご利用いただくことができます。お気軽に、ご相談ください

お問い合わせ →
Q

電話とメールで利用できますか?

お電話・メールでご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ →
Q

検討段階ですが色々相談できますか?

現在のお客様の状況やお悩みなどをお聞かせいただければ担当スタッフが最適なアドバイスをさせていただきます。ご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ →
Q

取引先に知られませんか?

2社間ファクタリングの場合、お取引先に知られることなく、安心してご利用いただけます。また、お取引先に連絡・通知する必要もございません。

ファクタリングとは →
Q

プライバシーは守られますか?

ご安心ください。トムズパートナーは、プライバシーポリシーに基づき、お客様からお預かりする情報を厳重に管理しています。

プライバシーポリシー →
Q

どのような企業が利用していますか?

全国幅広い業種の中小企業様・中堅企業様・起業1年以内のベンチャー企業様・個人事業主様にご利用いただいております。

Q

売掛先が倒産したらどうすれば良いですか?

トムズパートナーは返金義務のない[ノンリコース]のファクタリングです。売掛先(お取引先様)が倒産した場合でも返金する義務はありません。

メール・FAXは
24時間 365日受付中

CONTACTお問い合わせ

お電話でお問い合わせの方

ファクタリングに関するご質問・ご相談は、
トムズパートナーまでお気軽にご連絡ください。

ファクタリングに関するご質問・ご相談

受付時間 / 平日 10:00〜19:00

FAX. 03-6284-4886(24時間受付)

〒116-0014 東京都荒川区東日暮里
5-45-10 能美ビル 5F

無料相談・査定依頼フォーム

必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
改めて当社スタッフがご連絡いたします。

必須

任意

必須

必須

必須 無料相談 査定依頼 その他質問

任意