トムズパートナーロゴ
Toms column

ファクタリングを活用して
即日で資金調達する方法

経営者の皆様は、日々の資金繰りに頭を痛める機会も多いことと思います。
「赤字企業の資金繰り対策~ファクタリングという選択肢をご存じですか?」という記事にも書きましたが、たとえ健全な黒字経営をしていても、手持ちの資金がなければ資金ショートに陥ってしまい、企業の信用を失ってしまうことになります。
そのため、万が一現金や預金が少ない場合は、なんとかして準備し、必要な支払いを済ませなければなりません。経営者の仕事はハードです。
さらに、会社経営においては、とかくスピードが重視されます。顧客や取引先は待ったなしです。判断や行動が遅れてしまうと、致命的なことに陥ることすらあるのです。

私たちトムズパートナーは、そんな経営者の皆様の要望に応えるべく、日々、迅速な対応を心がけています。様々なご相談をお受けしていますが、とくにご要望が多いと感じるのは、「即日での資金調達」というものです。

ファクタリングは資金繰りの悩みを解決できる、とても有効で、唯一とすら言える方法です。
ファクタリングは、なぜ「即日での資金調達」に適しているのか。
本記事では、その理由と、資金調達をスムーズに行うためのポイントについてご紹介していきます。

1. 即日の資金調達でファクタリングが最適な理由

即日資金調達
ファクタリング最適理由

即日の資金調達方法としてファクタリングが最適である理由は、まず、何よりも、審査のスピードが早いということです。

中小企業の経営者が資金を調達しようと思ったら、どのようなものがあるか、あらためて考えてみましょう。
一般的には、以下のような方法があります。

・銀行からの融資

・消費者金融やビジネスローン

・補助金や助成金

・ファクタリング

このうち、「銀行からの融資」は、審査がきわめて慎重だということです。実際に融資が実行されるまでには、多くの場合、1ヶ月程度の期間が必要です。
「補助金や助成金」は、返済しなくてもいい資金調達方法ですが、資金を手にするまでには、公的機関に申請し、承認(採択)されなければなりません。利用する制度によって期間は様々ですが、どんなに早くても1ヶ月程度は必要でしょう。場合によっては半年先、1年先の入金になることすらあります。
これらの方法は、即日の資金調達とはほど遠いと言えるでしょう。

残る「消費者金融やビジネスローン」、「ファクタリング」の2つは、どちらも即日の資金調達ができる方法です。
ただし、「消費者金融やビジネスローン」では、「銀行からの融資」と同様に、企業の信用調査が行われます。
即日で資金調達を希望する企業は、すでに借入金が多くなってしまっている場合もありますので、審査を通るかどうかは「場合による」としか言えません。必ず借りられるわけではないのです。
しかし、「ファクタリング」なら、借入金の有無にかかわらず、売掛金さえあれば、資金調達が可能なのです。
さらに、「2社間ファクタリング」なら、売掛先企業に承認してもらうことも不要ですから、スピード審査が可能です。
ファクタリングが「即日の資金調達」に適しており、選ぶ人が多いのには、そのような理由があるのです。

2. ファクタリングなら融資を断られる企業も資金調達できる

ファクタリングなら融資られる
企業資金調達できる

経営者の中には、銀行や消費者金融、ビジネスローンなどでは融資を断られるような場合でも、資金を調達できるということから、ファクタリングを何か怪しい金貸し業者のように勘違いしていらっしゃるかもしれません。
ファクタリングは、「借り入れ」ではありません。あくまでも「売掛金の譲渡」です。
もちろん、あくまでもお客様を信用して資金を調達するものですから、お申込みにあたって審査はさせていただきますが、銀行や消費者金融、ビジネスローンのような金融機関の融資審査とは、内容はまったく異なります。
ファクタリングで何を審査するのかというと、譲渡していただく売掛金がきちんと支払われるものなのか、売掛先の企業には問題がないかという点をチェックします。
あくまでも、対象となっている売掛金が確実に現金化されるか、ということを確かめるもので、銀行や消費者金融、ビジネスローンの審査のように、お客様が経営する会社や、経営者であるお客様個人に関する信用情報を調査することはありません。
その点が、金融機関からの借り入れとは大きく異なるところです。

そのように審査内容が異なるため、一般的に融資を受けることが難しいとされる次のような企業でも、資金を調達できます。

・創業後間もない企業

・借入額が多い企業

・赤字決算が続く企業

・税金を滞納している企業

私たちトムズパートナーでは、そういった企業の皆さんからのご相談を日々受けています。中には、銀行や消費者金融から融資を断られてしまったというお客様も少なくありません。それが「即日」であれば、なおさらのことです。
そういったお客様でも、私たちにご相談いただいて、即日でも資金調達が可能だとわかって、ほっとされることが多いのです。

3. 即日でファクタリングしてもらうための準備

即日ファクタリング
してもらうための準備

では、ファクタリングで資金調達するために必要な手順についてご紹介しましょう。
トムズパートナーの場合は、次のような書類を用意していただいています。
特に即日で資金調達されたいという場合には、スピード勝負であることがはっきりしていますから、事前に準備を済ませていただけると、スムーズに進みます。

・売掛金を証明する書類(契約書や請求書、納品書など)

・決算書、勘定証明書

・代表者様の身分証明書

・法人名義の通帳のコピー

・商業登記簿謄本

・印鑑および印鑑証明書

このうち、決算書や通帳については、ファクタリング会社によって、どのくらいの期間のものが必要か異なりますので、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。トムズパートナーの場合は、決算書は1期分、通帳のコピーは3ヶ月分を拝見させていただく決まりです。
また、お支払いの際には、御社に請求書を発行していただく必要があります。
審査に通過したら、すぐに請求書を発行できるよう、体制を整えておくといいでしょう。

4. 即日でファクタリングできる会社を選ぶには

即日ファクタリングできる
会社ぶには

今では、ファクタリング会社もだいぶ増えました。しかし、中には、お客様に資金を調達するまでに時間を要してしまうファクタリング会社もあります。
急ぎで資金を調達しようと思うのなら、即日にファクタリング可能な会社を選ばなければ意味がありません。
そのような会社を選ぶポイントは、次の3つです。

・「スピード審査」など、即日のファクタリングに対応していること

・「2社間ファクタリング」であること

・アクセスが良く、すぐに訪問できる場所にあること

第1のポイントは、ホームページなどをよく見るということです。即日のファクタリングに対応している会社は、そのことをホームページに必ず記載しているはずです。
もし、ホームページに「審査には数日かかります」という記載があるようでしたら、おそらくその会社に申し込んでも、即日で資金を受け取ることは難しいでしょう。
必ず事前にファクタリング会社のホームページをよくチェックして、審査にかかる日数について、どのようなことが書いてあるかを確認しましょう。

第2のポイントは、2社間ファクタリングを選ぶという点があげられます。
ファクタリングには「2社間契約」と「3社間契約」の2種類があります。
「2社間」というのは、ファクタリングを利用する会社と、ファクタリング会社の2社間の契約にもとづいて行われるファクタリングで、「3社」は、それに売掛先の会社が加わる場合を指します。
3社間ファクタリングでは、売掛金は、売掛先からファクタリング会社へ直接振り込まれます。そのために売掛先の会社も含めた3社で契約するわけです。当然、売掛先があらかじめ承諾していなければなりません。
かつては、ファクタリングといえば、「3社間ファクタリング」のことを指していました。
しかし、中小企業では、売掛先の会社というのは大事な取引先でもありますから、資金繰りに苦労している状況を知られることはあまり望ましくないことが多いと思います。不安を感じさせてしまい、取引を継続してもらえなかったら元も子もありませんよね。現実的には3社間ファクタリングには大きなハードルがあったのです。
しかも、売掛先に承認してもらうため、審査完了までの日数もかかってしまいます。
そこで1998年に債権譲渡登記制度が設立され、2社間でファクタリングを進められるようになりました。これが2社間ファクタリングです。2社間ファクタリングは、取引先にファクタリングの利用を知られることなく、売掛金を譲渡することができます。
3社間ファクタリングにくらべると、資金調達が必要な会社と、ファクタリング会社の2社だけの契約ですので、3社間よりも取引はスムーズで、迅速に資金を調達できるようになりました。
審査から資金のお渡しまでを即日で済ませることが可能なのは、言うまでもなく2社間ファクタリングの場合です。

最後のポイントは、なるべく最寄りのファクタリング会社を選ぶことです。
ファクタリングの審査において、多くの運営会社は面談を必須としています。
アクセスのいいファクタリング会社を選べば、移動時間の節約になり、それだけ審査が早く進んで、申込み当日に資金を調達してもらえる可能性が高まります。

私たちトムズパートナーは、3社間ファクタリングよりもスピーディに対応できる2社間ファクタリングを扱っていますので、最短即日でのファクタリングが可能です。
トムズパートナーのオフィスは、JR日暮里駅の近くですから、都内をはじめ東京近郊からのアクセスも非常に良いことが私たちの強みになっています。

資金繰りに困った際には、ぜひ私たちにご相談ください。即日ファクタリングによって、迅速に資金調達する手段について、ご相談を承る準備があります。
経営者の皆様のお悩みに寄り添って、つねに親身に対応いたしております。

ファクタリングに関するご質問・ご相談は
トムズパートナーまでご連絡ください。

FAQよくあるご質問

Q

トムズパートナーのファクタリングとは?

トムズパートナーは、他社と「費用」に大きな違いがあります。
<手数料が下りやすい>
トムズパートナーは、お客様の“資金繰り”を改善・解決することを目的としているため、取引回数が増えるたびに手数料を安くし、お客様の“資金繰り”を改善・解決するようにしています。例えば、最初は15%の手数料でも、取引するたびに15%→12%→10%→8%→5%と手数料を下げていくことで、お客様の負担を減らし、最終的にはファクタリングを利用せずに経営できる状態にすることができます。
<手数料以外の費用がかからない>
ファクタリング手数料以外の費用はいただいていないため、トータル費用を安くすることができます。他社ではファクタリング手数料以外に、諸費用として「債権譲渡登記費用、契約書印紙代、事務手続き費用、登記抹消費用、交通費」などの10万円~20万円ほどの費用がかかります。

初めてご利用される方へ →
Q

お会いして相談できますか?

お会いしてご相談することができます。担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。まずは、一度ご相談ください。

お問い合わせ →
Q

訪問は必要ですか?

訪問していただく必要はありません。電話・メールまたは、担当スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきます。

申し込み・手続きの流れ →
Q

東京以外でも利用できますか?

遠方の方でもご利用いただくことができます。お気軽に、ご相談ください

お問い合わせ →
Q

電話とメールで利用できますか?

お電話・メールでご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ →
Q

検討段階ですが色々相談できますか?

現在のお客様の状況やお悩みなどをお聞かせいただければ担当スタッフが最適なアドバイスをさせていただきます。ご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ →
Q

取引先に知られませんか?

2社間ファクタリングの場合、お取引先に知られることなく、安心してご利用いただけます。また、お取引先に連絡・通知する必要もございません。

ファクタリングとは →
Q

プライバシーは守られますか?

ご安心ください。トムズパートナーは、プライバシーポリシーに基づき、お客様からお預かりする情報を厳重に管理しています。

プライバシーポリシー →
Q

どのような企業が利用していますか?

全国幅広い業種の中小企業様・中堅企業様・起業1年以内のベンチャー企業様・個人事業主様にご利用いただいております。

Q

売掛先が倒産したらどうすれば良いですか?

トムズパートナーは返金義務のない[ノンリコース]のファクタリングです。売掛先(お取引先様)が倒産した場合でも返金する義務はありません。

メール・FAXは
24時間 365日受付中

CONTACTお問い合わせ

お電話でお問い合わせの方

ファクタリングに関するご質問・ご相談は、
トムズパートナーまでお気軽にご連絡ください。

ファクタリングに関するご質問・ご相談

受付時間 / 平日 10:00〜19:00

FAX. 03-6284-4886(24時間受付)

〒116-0014 東京都荒川区東日暮里
5-45-10 能美ビル 5F

無料相談・査定依頼フォーム

必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
改めて当社スタッフがご連絡いたします。

必須

任意

必須

必須

必須 無料相談 査定依頼 その他質問

任意