トムズパートナーロゴ
Factoring Service

ファクタリングとは

ファクタリングの仕組みや特徴、メリット・デメリットなど、ファクタリングについてわかりやすくご説明いたします。

ファクタリングとは
経済産業省も利用を推薦する
売掛債権を活用した資金調達

ファクタリング (factoring)とは、経済産業省も利用を推薦している売掛債権を入金前に譲渡して資金化する資金調達方法のことです。万が一売掛先が倒産した場合でも支払い義務が発生せずリスクを回避できるため、ファクタリング利用者は年々増え続けています。

トムズパートナーでは、2社間と3社間のファクタリング契約があり、2社間での「売掛先に債権譲渡の事実を知られない」というメリットから、2社間ファクタリング契約が多い傾向にあります。

2社間ファクタリングの仕組み

ファクタリングの特徴

ファクタリングには、入金の速さ、少額対応、
担保・保証人不要などの特徴があります。

ファクタリングの特徴
入金までのスピードが早い

銀行融資は金利が低く長期の運転資金に活用できます。しかし、審査が厳しいため、融資を断られる場合があり、審査に通っても申し込みから入金までに時間がかかります。ビジネスローンや消費者金融は、申し込みから入金までの日数は短いのですが、金利が高く、経営自体を圧迫する可能性があります。

ファクタリングは審査が通りやすく、最短即日での資金調達が可能です。また、売掛債権の買取りなのでお客様の負債にならず、信用力にも影響がありません。ノンリコースなので、取引先企業が倒産しても、支払いを求められることもありません。

入金までのスピードが早い

ファクタリングの特徴
売掛金があれば利用できる

ファクタリングは、売掛金(売掛債権)を持っている企業であれば、問題なくご利用できます。個人事業主様でも構いません。ファクタリングは融資とは異なり、代表者の信用情報、企業の税金滞納状況などは審査の対象になりません。売掛金(売掛債権)があるかないか、取引先は問題ないかということがファクタリングを受けられるかどうかの審査内容です。 銀行からの融資調達が常時可能な一部の優良企業を除けば、ファクタリングは、すべての企業が受けることができる、非常に効率の良い資金調達の選択肢です。

売掛金があれば利用できる

ファクタリングの特徴
少額でも利用OK

「今月あと10万円調達できれば…」そのような少額の資金調達を希望されるお客様も多い中、手数料の高い高額案件のみに対応して、少額利用を好まないファクタリング業者が多いのも事実です。

トムズパートナーでは、利用額を10万円〜5,000万円までと幅広くすることで、お客様の多様な資金調達に臨機応変に対応しています。

ファクタリング利用額の割合

ファクタリングの特徴
担保・保証人不要

銀行からの融資の場合、手形などの担保や保証人が必要になります。もし手形が不渡りになると銀行に融資を受けた金額を返済しなければなりません。ファクタリングの場合、債権を売り渡すので、担保や保証人は必要ありません。

トムズパートナーのファクタリングは、返金義務のない[ノンリコース型]です。売掛先(お取引先)が倒産した場合でも返金する義務はありません。

担保・保証人不要

ファクタリングのメリット

ファクタリングには、秘密厳守、負債にならない、
返済義務がないなどのメリットがあります。

ファクタリングのメリット
取引先や取引銀行に知られない

3社間取引は「お客様・売掛先・ファクタリング会社」の3社間で取引を行うファクタリングです。そのため売掛先の承諾を得なければ売掛債権を買い取ることができません。一方、2社間取引は「お客様・ファクタリング会社」の2社間で取引を行うファクタリングですので、売掛先の承諾が必要ありません。また、お取引先に連絡・通知する必要もございません。そのため、売掛先にも第三者(取引銀行など)にも知られず資金調達することが可能です。

取引先や取引銀行に知られない

ファクタリングのメリット
負債にならない

ファクタリングは融資などの借入とは違い、売掛債権を売る「売買契約」になります。担保が不要で負債にならないので、お客様の信用情報を傷つけ融資などの審査に影響を及ぼす心配もありません。また、トムズパートナーは返金義務のない[ノンリコース型]のファクタリングです。売掛先(お取引先)が倒産した場合でも返金する義務はありません。

ファクタリングは負債にならない

ファクタリングのメリット
返済義務がない

ファクタリングで売買契約した売掛債権が、売掛先の未払いや倒産などで不渡りになった場合でも返済の義務は発生しません。ファクタリングは、売掛債権の買取前に、ファクタリング会社が審査(調査)を行い売買契約をするので、その回収責任も全てファクタリング会社へ移行します。

ファクタリングは返済義務がない

ファクタリングのメリット
銀行で断られても利用できる

「お客様」を重視して融資の審査をする銀行や、ローン会社とは違い、ファクタリングは、「売掛先(お取引先)企業様」と「商取引の内容」を重視して審査をしています。審査対象が異なるため、銀行からの融資を断られた場合でも、ファクタリングを利用することができます。

銀行で断られても利用できる

ファクタリングのデメリット

ファクタリングには、売掛金が必要、手数料、
売掛先の承諾(3社間)などのデメリットがあります。

ファクタリングのデメリット
3社間ファクタリングは
売掛先の企業への承諾が必要

3社間ファクタリングでは、売掛先と交渉して債権譲渡の承諾を得た上でファクタリング契約をしなければなりません。「資金繰りが厳しいので売掛金をファクタリングで資金化したい」と相談した場合、多くの取引先が「この会社は倒産寸前なのではないか」「今後の取引は辞めておこう」など、否定的な印象を受ける恐れがあります。2社間取引より3社間取引の方が債権の回収リスクも低いので手数料が安くなりますが、取引先との信用問題のリスクが大きく2社間ファクタリングを選択される方が多いのも事実です。

3社間ファクタリングの仕組み

ファクタリングのデメリット
3社間ファクタリングは
入金まで時間がかかる

3社間ファクタリングは、取引先からの承諾が必要になります。取引先が大手企業であれば診査に通りやすく、個人事業主でも申し込みができるという利点もあります。ですが、ファクタリング会社が取引先にお伺いをして説明を含めた承諾書への署名・捺印が必要なため、どうしても手続きに時間がかかります。そのため、買取金額の入金まで半月〜1ヶ月の期間が必要になり、早期の資金化を希望される方には、即日の現金化も可能な2社間ファクタリングをおすすめしています。

3社間取引は時間がかかる

ファクタリングのデメリット
ファクタリング会社への
手数料が発生する

ファクタリング利用には、手数料が発生します。これは、借入時の金利に相当するもので、ファクタリング会社の報酬になります。トムズパートナーでは、3%〜15%(売掛先情報・ご契約内容・取引回数などにより変化します)の手数料を頂戴しております。売掛債権の買取に伴う事務手続きやサービスに対する手数料ですので、金利との違いをご理解いただいた上でご利用ください。

ファクタリングのデメリット
売掛債権を回収するまで
掛け目が発生する

ファクタリング会社は、売掛債権をそのままの金額で購入するわけでありません。一旦、回収リスクに見合った掛け目の金額をお支払いした後、売掛債権が回収できた段階で返還します。掛け目の相場は、70〜95%ほどになっています。回収リスクが大きければ掛け目が小さく、回収リスクが小さければ掛け目は大きくなります。

ファクタリングの種類

ファクタリングには、2社間と3社間があり
それぞれ仕組みが異なります。

ファクタリングの種類
2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、「お客様・ファクタリング会社」の2社間で取引を行うファクタリングです。取引先(売掛先)の承諾が必要ないので、手続きにかかる期間が短く即日の資金化も可能です。ですが、3社間に比べファクタリング会社のリスクが増えるため、どうしても手数料は高くなります。即日の資金調達を希望される方、取引先に知られたくない方、取引先の承諾を得ることが難しい方には、2社間ファクタリングがおすすめです。

2社間ファクタリングの仕組み

ファクタリングの種類
3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、「お客様・取引先・ファクタリング会社」の3社間で取引を行うファクタリングです。取引先(売掛先)の承諾が必要になるため、手続きにかかる期間が長く即日の資金化は難しいですが、取引先の承諾を得ることでファクタリング会社のリスクが軽減されるため、2社間に比べ手数料が低いのが大きな違いです。資金調達に多少の時間がかかっても手数料を安くしたい方、取引先に知られても(取引先の承諾)問題のない方には、3社間ファクタリングがおすすめです。

3社間ファクタリングの仕組み

トムズパートナーの他社との違い

ファクタリング会社を比較すると様々な違いが見えてきます。

トムズパートナーの他社との違い
他社との大きな違い

トムズパートナーでは、他社よりも高い金額で売掛金の買取りをさせていただきます。買取金額は10万円〜5,000万円までと幅広く、お客様の様々な資金調達に対応しています。審査に必要な書類も少なく、審査通過率も高いため、資金調達スピードが早いことも大きな違いです。

手数料は売掛債権の金額、売掛先の信用、契約の種類などによって変動します。一度トムズパートナーまでご相談ください。

トムズパートナーと他社の比較表

トムズパートナーの他社との違い
1. 素早い資金調達

銀行融資は金利が低く長期の運転資金に活用できます。しかし、審査が厳しいため、融資を断られる場合があり、審査に通っても申し込みから入金までに時間がかかります。ビジネスローンや消費者金融は、申し込みから入金までの日数は短いのですが、金利が高く、経営自体を圧迫する可能性があります。

ファクタリングは審査が通りやすく、最短即日での素早い資金調達が可能です。また、売掛債権の買取りなのでお客様の負債にならず、信用力にも影響がありません。ノンリコースなので、取引先企業が倒産しても、支払いを求められることもありません。

トムズパートナーの他社との違い
2. 業界最安水準の手数料

トムズパートナーでは、3%〜15%という業界最安水準の手数料で売掛金の買取りをさせていただきます。また、利用回数を重ねる毎に手数料を低くすることで、お客様の負担を減らすことができます

例えば、初回利用で15%の手数料の場合、その後取引するたびに15% →12% →10% →8% →5% と手数料を下げていき、最終的にはファクタリングを利用せずに経営できる状態にすることができます。

トムズパートナーの他社との違い
3. 買取金額10万〜5千万円

「今月あと10万円調達できれば…」そのような少額の資金調達を希望されるお客様も多い中、手数料の高い高額案件のみに対応して、少額利用を好まないファクタリング業者が多いのも事実です。

トムズパートナーでは、買取金額を10万円〜5,000万円まで幅広くすることで、お客様の多様な資金調達に臨機応変に対応しています。

トムズパートナーの他社との違い
4. 審査通過率 91.5%

トムズパートナーの審査は、必要書類も少なく手続きも簡単です。また、赤字・債務超過・税金滞納など、様々な事情を抱えたお客様でも担当者が丁寧にご相談を承ります。その臨機応変な対応が、審査通過率91.5%という数値に表れています。

トムズパートナーの他社との違い
5. 審査に必要な書類は3種類

ファクタリング会社によって、審査の際に様々な書類の提出が必要になる場合があります。提出書類が多いということはお客様の負担も増え、審査の期間も長くなります。

トムズパートナーの審査に必要な書類は3種類(法人の場合は4種類)です。必要書類も少なく手続きも簡単でスピーディーな資金調達を実現しています。

トムズパートナーの他社との違い
6. 申し込み方法は3通り

ファクタリング会社によって、来店契約のみの会社や、出張契約を行なっていない会社など、契約方法が異なります。ファクタリングはスピードが最も重要です。そのためにはお客様に合わて柔軟に対応できる契約方法が必要です。

トムズパートナーでは、3種類の契約方法をお選びいただけます。お客様に合わせて最良の方法を選択することで、より素早い資金化を実現しています。

東京ファクタリング会社トムズパートナーは
様々な業種に対応しています。

CASEご利用事例

東京 建設業 ファクタリング事例大口受注を
無事に獲得できました。

新規で大きな工事を受注しましたが、外注費の手付金の支払い期日の関係で銀行などに金策に回りましたが間に合いそうになく、トムズパートナーのホームページ拝見してファクタリングを知りすぐに相談しました。初めての利用で不安もありましたが、担当の方の詳しい説明で納得して取引をすることができました。おかげさまで支払期日にも間に合うことができ工事も順調に進んでいます。

東京 医療 ファクタリング事例銀行からの調達枠を
温存できました。

病院の移転新築のために資金が必要になり銀行にも相談しましたが、移転工事中の運転資金などを含めると銀行からの融資だけでは不安があり、ファクタリングを利用することになりました。担当者の方のアドバイスでスムーズに進み、結果的に銀行からの調達枠を温存する形で資金を調達することができました。今後もトムズパートナーのファクタリングを資金調達の手段として取り入れたいと思います。

東京 介護事業 ファクタリング事例利用回数が増えると手数料が安くなる

支払いのサイクルは短く収入は遅れるという介護事業で陥りやすい状況になり、従業員への給与の支払いも苦しくなっていました。銀行からの融資もうまくいかず頭を抱えていたところファクタリングという資金調達方法があることを知りました。トムズパートナーと契約した理由は、利用回数が増えるごとに手数料が安くなるシステムと安定経営を後押ししてくれる姿勢があったからです。最終的には銀行からの融資のみで安定した経営を目指していきます。

詳しく見る>

製造業

詳しく見る>

飲食業

詳しく見る>

運送業

詳しく見る>

アパレル

ファクタリングに関するご質問・ご相談は
トムズパートナーまでご連絡ください。

FAQよくあるご質問

Q

売掛債権とは

売掛け債権は、商品・サービスを売り、後日代金をいただく「権利」です。企業の資産の一つであり、「売掛金」や「受取手形」などがあります。

Q

支払期限が過ぎている売掛金は利用できますか?

利用することはできません。期限が過ぎていないものをご利用ください。

Q

買掛金とは

買掛金は「支払っていない販売代金」です。商品・サービスを購入し、後日代金を支払うことです。

Q

売掛金とは

売掛金は「受け取っていない販売代金」です。昔の言い方にすると「ツケといて」の〈ツケ〉です。商品・サービスを売り、後日代金をいただくことです。

Q

銀行融資・ローンと何が違いますか?

「借りる」・「売る」の違いです。銀行融資やローンは融資会社から「お金を借りる」ファクタリングはファクタリング会社に「売掛金を売る」という違いがあります。これにより、銀行融資・ローンに比べ審査が簡単・調達スピードが早い・返済義務が無いなどの違いがあります。ファクタリング会社は売掛金を「買い取る」ため、お客様よりもお取引先様(売掛先)を重視して審査しています。よって、銀行などで借りることができなくても審査が通るケースが多いのが特徴です。

Q

債権譲渡とは

債権者が所有する債権を他の人に譲渡することです。

Q

リコースとは

お取引先が倒産してもファクタリング会社に返金する“義務がある”ファクタリングです。トムズパートナーは返金義務のない[ノンリコース]のファクタリングです。

Q

ノンリコースとは

お取引先様が倒産してもファクタリング会社に返金する“義務がない”ファクタリングです。トムズパートナーは、返済義務のない[ノンリコース]のファクタリングです。

メール・FAXは
24時間 365日受付中

CONTACTお問い合わせ

お電話でお問い合わせの方

ファクタリングに関するご質問・ご相談は、
トムズパートナーまでお気軽にご連絡ください。

トムズパートナーのファクタリングで売掛金を素早く資金化

ファクタリングに関するご質問・ご相談

受付時間 / 平日 10:00〜19:00

FAX. 03-6284-4886(24時間受付)

〒116-0014 東京都荒川区東日暮里
5-45-10 能美ビル 5F

無料相談・査定依頼フォーム

必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
改めて当社スタッフがご連絡いたします。

必須

任意

必須

必須

必須 無料相談 査定依頼 その他質問

任意